小学校の「いじめ」認知件数が大幅増加 暴力行為も多発...市の協議会で報告(島根・松江市)

小学校の「いじめ」認知件数が大幅増加 暴力行為も多発...市の協議会で報告(島根・松江市)

  • TSKさんいん中央テレビニュース
  • 更新日:2022/05/14
No image

山陰中央テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

松江市の小学校での「いじめ」の認知件数が、昨年度に比べ大幅に増加していることが分かりました。

これは、13日に開かれた市のいじめ問題対策連絡協議会で、教育委員会が市内の小中学校での調査結果として報告しました。

それによると、小学校では、昨年度のいじめの認知件数は270件で、前年度から50件近く増加、なかでも「叩く」「蹴る」「首を絞める」といった暴力行為が年々増加しているということです。

市は、積極的に実態を把握した結果だとしたうえで、認知した「いじめ」の75%がすでに解消しているとしています。

学校内での暴力行為については、2020年度の文部科学省の調査によると、小・中・高校での1000人あたりの発生件数は島根、鳥取とも全国平均を大きく上回っていて、鳥取県がワースト1位、島根県がワースト9位となっています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加