VW T-Rocが大幅改良へ。ちょっとオシャレな「R Line」をキャッチ

VW T-Rocが大幅改良へ。ちょっとオシャレな「R Line」をキャッチ

  • clicccar.com(クリッカー)
  • 更新日:2021/10/14

■エアガイドを備えるコーナーエアインテークやブラックディフューザーを装備

フォルクスワーゲン(VW)のコンパクトクロスオーバーSUV「T-Roc」改良型プロトタイプを再びカメラが捉えました。

No image

VW T-Roc Rライン 改良型プロトタイプ

初代T-Rocは2017年に発売、日本市場には2020年に導入され、現在は「TDI Style」「TDI Style Design Package」「TDI Sport」「TDI R-Line」の4グレードがラインアップされています。

No image

VW T-Roc Rライン 改良型プロトタイプ

T-Rocはすでに次世代型の開発にも着手していますが、2027年まで現行型が発売される予定のため、ここで最初の大幅改良が執行されます。

今年2021年の夏のはじめには「T-Rock」「T-Rockカブリオレ」と「T-Roc R」開発車両をスクープしましたが、今回のプロトタイプでは、エアガイドのようなものを備えるコーナーエアインテーク、後部には大型のエアアウトレット、新設計のデュアルエキゾーストパイプ、低光沢のブラックディフューザーなどを備えており、「R-Line」モデルと思われます。

そのほか、ラジエターグリルが変更されており、デイタイムランニングライト、テールライトは今後着手されるはずです。

またリアゲートのステッカーや、各ホイールに取り付けられた追加の測定機器から、このプロトタイプがブレーキシステムのキャリブレーションを実行していることがわかります。

パワートレインは最高出力148psを発揮する1.5リットル直列4気筒ターボエンジン、最高出力188psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボなど「TSI」および「TDI」エンジンがキャリーオーバーされる見込みで、すべて7速DCTユニットと組み合わされます。

VWは現段階でT-Rocのフェイスリフトに関して詳細を明かしていませんが、2022年春には「T-Roc」、および「T-Roc R-Line」を発売、最強「R」は2022年秋以降となるでしょう。

(APOLLO)

あわせて読みたい

VWパサート後継モデル が初出現! EVセダン「エアロB」市販型をスクープ

新型シビックとコンポーネントを共有も。アキュラで復活のインテグラ、市販型デザインを大予想!

BMW M3初のツーリング、市販デザインを大予想!登場は2021年内か?

巨大ウィングを装着!ホンダ シビック セダン新型、高性モデル「Si」を予告【動画】

アルピナB3改良新型がニュル高速テスト、湾曲ダッシュボードを搭載!

APOLLO

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加