岡山・玉野市に大規模「蓄電池工場」建設へ 100人以上の雇用創出に期待

岡山・玉野市に大規模「蓄電池工場」建設へ 100人以上の雇用創出に期待

  • KSB瀬戸内海放送
  • 更新日:2022/06/23

自然エネルギーの普及に取り組むベンチャー企業が岡山県玉野市に大規模な蓄電池工場を建設すると発表しました。

【写真】蓄電池工場の建設予定地(玉野市田井)

大型の蓄電池の組み立て工場が建設されるのは、玉野市の宇野港田井地区の工場跡地です。建設するのは東京に本社があるベンチャー企業「パワーエックス」です。

この工場では船舶用や電気自動車用、家庭用など年間約1万台の蓄電池製品を生産します。これらの蓄電池で原子力発電所5基分に相当する年間最大5ギガワットアワーをためられるということです。

2023年からテスト生産して、2024年から出荷する予定です。

パワーエックスによりますと、地元で100人以上の雇用の創出を見込んでいるということです。

KSB瀬戸内海放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加