感謝の気持ち、“手間なしで味わえる名店の美食”に託して【敬老の日】

感謝の気持ち、“手間なしで味わえる名店の美食”に託して【敬老の日】

  • mi-mollet(ミモレ)
  • 更新日:2021/09/15

フードジャーナリストの小松宏子さんが、最新の食のトレンドを紹介します。

離れて暮らしていると、両親や祖父母にも、会いに行くことがままならない状況ですね。敬老の日にはせめて美味しいものを贈って楽しんでもらいたいものです。そんなときにおすすめなのは、火にかけるだけ、温めるだけで食べられるような手のかからないもの。それでいて、自分ではなかなか買わないようなちょっとしたご馳走なら喜びもひとしおのはず。美味しさが堪能できる、名店の品々をご紹介しましょう。

美々卯 宅配うどんすき(2人前)¥10260

No image

「美々卯」は大阪・堺で200年続く料亭です。先々代が、麺類専門店として、名物のうずらそばなどを考案。なかでもうどんすきは、人気を博し、大阪名物となりました。数年前までは東京新橋にも大きな店を構えていましたから、美々卯の味を懐かしむ人も多いはずです。その伝統の味、うどんすきのお取り寄せなら、喜ばれること間違いありません。

美々卯のうどんすきの美味しさは、彩りも華やかな具材の数々はもちろんのこと、なんといっても、ほんのり甘口でふっくらと柔らかなおだしの味にあります。北海道産の利尻昆布、土佐清水産の宗田鰹節、枕崎産の本枯節で、2時間かけて丁寧にとるだしの滋味豊かなことといったら、長い年月作り継がれてきただけのことはあります。

煮込んでもこしがあるよう工夫されたうどんも、食べると後を引くおいしさ。いついただいても安心できる美味しさは、敬老の日の贈り物には最適です。

【DATA】
「美々卯本店」
住所:大阪府大阪市中央区平野町4-6-18
電話:06-6231-5770

紫野和久傳 京のひめ苞(つと)焼霜穴子ときのこの鍋2人前 ¥10800

No image

甘味からお料理まで、お持たせや贈答品の名店として知られる、京都「紫野和久傳」の、月替わりのお鍋のセット「京のひめ苞」。これは実に洒落た一品です。お鍋は冬のものと思われがちですか、季節ごとの素材をその素材に合っただしでさっと煮ながらいただくお鍋は、まるでカウンター割烹で目の前で作ってもらうかのよう。家で食べる豚しゃぶや寄せ鍋とは全く違った粋な味わいが楽しめます。

9月の鍋は、皮目を香ばしく炙ってすぐに冷やし、旨みを閉じこめた焼霜造りの活穴子に、味と食感の違いを楽しめる七種のきのこを取り合わせ、さらにこくのあるある厚揚げや九条葱とともに煮ていただく具沢山のお鍋です。きのこは、なめこ、ぶなしめじ、木耳、椎茸、平茸、舞茸、あわび茸と、それぞれ食感も味も違い、口の中で豊かなハーモニーをかなでます。だしは、さば、うるめいわし、めじかの削り節と昆布を合わせたものでこっくりとこくがあり、焼き霜穴子、きのこ類、お揚げなどをしっかりと支えてくれます。

【DATA】
「紫野和久傳 堺町店」
住所:京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町679
電話:075-223-3600

和牛専門店 焼肉ジャンボ白金 「おうちで焼肉ジャンボ 白金おすすめ」¥13998

No image

焼肉の名店「焼肉ジャンボ白金」から、家庭でお店の味そのままに、肉の美味しさを味わうことができる焼肉セットが発売されたのが、昨年のコロナ禍始まってすぐのこと。以来、やみつきになると、人気商品として定着しています。
精肉卸のヤザワミートの熟練の目利きの職人が、日本全国の最高品質の黒毛和牛の中からさらに独自の厳しい基準と自らの目で吟味して、部位ごとにこだわり抜いて仕入れた最高級の黒毛和牛のみを提供。

おうちセットでは、タン、ハラミ、ザブトン、ミスジに加え、日替わりでサンカク、ランプ、イチボなどの計7種もの肉が2枚ずつ。ミスジやザブトンなどの、人気希少部位が惜しげもなく入っているのが魅力。そして、焼肉ジャンボ白金いわく、“焼肉はタレが命”だそうですが、焼く前につける「秘伝のもみだれ」、焼いたあとにつける「自家製塩ポン酢」、「秘伝のつけだれ」とお店と全く同じたれが同梱されています。タレで肉の味がこんなに変わるとは! と驚きますよ。さらに、キムチとナムルもつくといういたれりつくせり。焼肉屋さん気分を楽しんでね、と、贈りましょう。

【DATA】
「和牛専門店 焼肉ジャンボ白金」
住所:東京都港区白金3丁目1−1 第一麻布ビル 1F
電話:03-5795-4129

竹千寿 笹ちまき5種の詰め合わせ(15個入り)¥4158

No image

竹に詰めた美しいちまきで人気の「竹千寿」。その発祥は、地元の竹害を相談された現会長が、竹にもち米を詰めて蒸したら美味しいのではと、竹ちまきを開発したことだとか。真っすぐしなやかにのびる竹と人生の節目を重ね、慶び事の贈答などで人気を博しました。

その後、クマ笹に包んで蒸し上げる笹ちまきを開発。今回ご紹介する15個セットは、中華ちまき、鶏ごぼうちまき、海老ちまき、穴子ちまき、赤飯の5種の笹ちまき。もち米はもちろん、鶏肉から穴子、筍、椎茸など、極力九州産の素材にこだわり、保存料が無添加なのに加え、アミノ酸などの調味料の使用も極力少ない、自然の美味しさを目指しています。それぞれにしっかりと素材の味が生かされた個性豊かなバリエーションは、どれから食べようかなと、悩ましいほど。
冷凍で配達されるので、蒸し器で蒸しても、電子レンジで温めてもOK。食べたい時に、食べたい分だけ、取り出して温めればいいので、ちょっと小腹がすいたときにとても便利です。冷凍庫に備えておきたい、嬉しい贈り物です。

【DATA】
「竹千寿」
住所:福岡県若宮市倉久890
電話:0949-33-4150

文/小松宏子
構成/藤本容子

前回記事「週末は美味しいクラフトビールを指名買い!」はこちら>>

小松 宏子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加