メッシとC・ロナウドの「最強スコアラー」をかけた対決...その差は34ゴール

メッシとC・ロナウドの「最強スコアラー」をかけた対決...その差は34ゴール

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2021/05/01
No image

ロナウド対メッシ

クリスティアーノ・ロナウドとレオ・メッシは、15年以上もの間、しのぎを削り続けている。

ユヴェントスでプレーするポルトガル人は、ヨーゼフ・ビカンとペレの762ゴールを上回り、クラブと国際舞台で773ゴールを積み上げるサッカー史上もっとも多くのゴールを決めているストライカーだ。このランキングでは、レオ・メッシが739ゴールで、合計740ゴールを記録したロマーリオに次いで5位となっている。

今日の時点で、クリスティアーノ・ロナウドとメッシの差は34ゴールで、それぞれがプロキャリアをスタートさせた2002/03シーズンと2004/05シーズンで生まれた差である。2007年6月、ポルトガル人は22歳で、すでに5シーズンにわたってシーズン30試合以上に出場していたが、アルゼンチン人はまだ19歳で未熟だった。

レオが正式にデビューしたのは2004年10月で、CR7はデビューシーズンの02/03シーズンで25試合に出場した。メッシは04/05シーズンで9試合にしか出場しておらず、そのほとんどが交代要員としての出場だった。さらに、2005/06シーズンと2006/07シーズンの両シーズンでメッシは約3ヶ月間の怪我を負った。

この5シーズン(2002/03~2006/07)でクリスティアーノは55ゴールを挙げた一方で、レオは26ゴール。彼らのキャリアの中で差がついている34ゴールは、まさにこの時期に相当する。

2007/08年から現在まで、メッシはより多くのゴールを決めている。

シーズン:クリスティアーノ・ロナウド / レオ・メッシ
2002/03:5点/0点
03/04 :6点/0点
04/05 :9点/1点
05/06 :12点 / 8点
06/07 :23点 / 17点
07/08 :42点 / 16点
08/09 :26点 / 38点
09/10 :33点 / 47点
10/11 :53点 / 53点
11/12 :60点 / 73点
12/13 :55点 / 60点
13/14 :51点 / 41点
14/15 :61点 / 58点
15/16 :51点 / 41点
16/17 :42点 / 54点
17/18 :44点 / 45点
18/19 :28点 / 51点
19/20 :37点 / 31点
20/21 :32点 / 34点

普通であればロナウドがメッシより先に引退するだろう。そうなれば、レオが追い越すことも可能である。ただ、マデイラの男が身体をどれだけケアしてるのかを考慮すれば、どちらが先にブーツを脱ぐのかは未知数である。

ゴールアベレージでは、メッシの方がCR7より優れている。レオの出場試合数は少なく、また出場時間も短い。ポルトガルの選手は1試合平均0.72ゴール、アルゼンチンの選手は1試合平均0.80ゴールとなっている。

また、タイトル数でもメッシに軍配が上がる。アルゼンチン人は、ポルトガル人より4つ多い37個のトロフィーを獲得している。バロンドールを6回受賞しているレオは、他のどの選手よりも多くの賞を受賞しているサッカー選手である(CR7は5回受賞)。

2人のクラックのキャリアを比較したときの大きな違いは、アルゼンチン人は今日まで「ワンクラブマン」であり、バルサのシャツだけを守ってきたことである。一方、クリスティアーノは、スポルティング・リスボン、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、ユヴェントスでプレーしてきた。

メッシの将来を考えると、ブラウグラナのユニフォームを着てCR7を追いかけようとするのか、それとも他の色のユニフォームでキャリアを続けるのか、数ヶ月待たなければならない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加