高倉監督が同点弾のエース岩渕真奈を称賛「決め切ってくれて、非常に頼もしい」

高倉監督が同点弾のエース岩渕真奈を称賛「決め切ってくれて、非常に頼もしい」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/07/21
No image

初戦に臨んだ高倉監督。同点ゴールを決めた岩渕を称賛した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

なでしこジャパンこと日本女子代表は7月21日、東京五輪のグループリーグ第1節でカナダ代表と対戦。1-1のドローに終わった。

6分にクリスティアン・シンクレアにゴールを許し、いきなりビハインドの状況となる。それでも、後半の84分に相手ディフェンスラインの背後に抜け出した岩渕真奈が正確なシュートでネットを揺らして同点に。勝点1を拾った。

高倉麻子監督は、リードされる時間が長かった試合を以下のように振り返る。

「初戦なので非常に難しかったです。前半はやはり失点したくなかったんですけど、ああいった形で追いかける展開になった。少し重く苦しい感じもありました。ただなかなか自分のリズムを前半は作れなかったので、人の距離を調整しようということで後半入って、だいぶ自分たちのリズムでできる時間は増えたかなと思う。なんとか1点あの時間で取って、粘り強く戦ってくれたので、勝点1はプラスに捉えて次に進んでいきたいと思います」
また、殊勲の同点ゴールを挙げた岩渕に対してもコメント。

「なかなかチャンスをたくさん作れなかったなかで、あのワンチャンスで決め切ってくれたということは、非常に頼もしいです。ただまだまだこれからなので、またゲームを振り返りながら、次はもっと良い試合をしていきたいと思います」

理想としていた勝点1獲得は果たせなかったものの、まだ初戦が終わっただけ。高倉監督が見据える金メダルという目標は変わっていない。「もちろん一番高いところに向かっていきたいと思いますけど、1試合1試合難しい試合になると思うので、精一杯戦っていきたいです」と意気込んだ。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【なでしこジャパンPHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加