好日山荘、「長期遠征等サポート休暇制度」 利用第1号を実施 社員が世界中の遠征登山などにチャレンジ

好日山荘、「長期遠征等サポート休暇制度」 利用第1号を実施 社員が世界中の遠征登山などにチャレンジ

  • AMP[アンプ]
  • 更新日:2022/05/14

登山・クライミング・アウトドア用品総合専門店、クライミングジムを運営する好日山荘は、世界中の遠征登山などにチャレンジする社員をサポートするための「長期遠征等サポート休暇制度」を2019年12月に導入。

当初より利用申請があったものの、2020年3月頃から流行の兆しを見せた新型コロナウイルスの影響により、制度利用を一旦停止していたが、今回、現在の社会情勢や感染状況を鑑み、5月度より再開する運びとなり、制度利用第一号が決定したと発表した。

好日山荘は日本最古の登山用品専門店として創業以来、登山やロッククライミングの豊富な経験・知識を有するスタッフを有し、初心者から上級者まで様々なユーザーに向けた商品提案やアドバイスなどのサービスを提供できる専門性を追求してきた。

スタッフの顧客サービスに直結する登山経験・知識を高めるとともに、好日山荘ならではの働き方として、2019年に職位や給与などの待遇は休暇取得前の水準を保証し、会社での籍を残したままのスタッフのチャレンジを応援する「長期遠征等サポート休暇」を開始。

今回、好日山荘社員が、アメリカ合衆国ヨセミテ国立公園・エルキャピタン フリーライダーへの登攀チャレンジを実施。

No image

さまざまなフィールドでの深い体験を通し、幅広いレベルに合わせた接客・スタッフのリアル体験や現地の最新情報のご提供など、培った経験を接客に生かし利用客の満足度向上に繋げるという。

同社としても登山業界の発展に寄与する人材が社内より輩出されることは、社会への貢献が大きいものと確信しているとのことだ。

チャレンジの概要
日程:2022年5月16日~6月14日 30日間
場所:アメリカ合衆国 ヨセミテ国立公園・エルキャピタン フリーライダー
概要:フリーライダー(12d/13a34ピッチ)のオールフリーでの完登にチャレンジ

No image

メンバー
高野 優(たかの すぐる)1985年生まれ。好日山荘 池袋西口店勤務。公益社団法人日本山岳ガイド協会認定山岳ガイド(ステージ1)。夏は沢登り、冬は雪山登山などシーズンを通してフリークライミングなどアクティブに登山を行っている。

<主な登攀歴>
中国:ムスターグアタ(7,530m)
中国:コングールチュビエ(7,509m)
ネパール:マナスル東稜(8,163m)
アメリカ:エルキャピタン「ザ・ノーズ」
アメリカ:マウントホイットニー「イーストバットレス」

AMP News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加