高3の夏に告げられた「リンパ腫」 闘いから20年 不惑の僧侶、手作りの人形に込める祈り

高3の夏に告げられた「リンパ腫」 闘いから20年 不惑の僧侶、手作りの人形に込める祈り

  • 神戸新聞NEXT
  • 更新日:2022/09/23

■手に取った人がちょっとでも幸せに感じれば

No image

光顕さんが手作りする愛らしい人形の数々。おみくじが付き、参拝者を楽しませている=小野市浄谷町

国宝「阿弥陀三尊立蔵」で知られる浄土寺(兵庫県小野市浄谷町)。鎌倉期の高僧重源が創建した古刹(こさつ)のそばに立つ寺院「塔頭(たっちゅう)」の一つ「歓喜院」で、おみくじ付きの人形が参拝者の人気を集めている。

大きさは5~6センチ。仏さまの「阿弥陀」「菩薩(ぼさつ)」をかたどったものから、ネコやモグラなどの動物まで種類はさまざま。荘厳な寺院の雰囲気とはアンバランスな愛らしさが、口コミで評判を広げている。

人形は歓喜院の副住職、鑑光顕(かがみこうけん)さん(40)の手作り。粘土をこねて原型を形作り、自ら筆を執ってアクリル塗料で色を重ねる。手描きの人形は一つ一つ表情が異なり、どこかユーモラス。丸みの帯びた体形でおみくじを背負い、参拝者を出迎える。

光顕さんは、3年ほど前に寺で人形制作を始めた。

「作るのは大変です。でも、人形を手に取った人がちょっとでも幸せに感じたり、楽しくなってくれればいいと思って作るようになりました」

10代の時に発症した「悪性リンパ腫」で、生死の境をさまよった光顕さん。今も麻痺が残る体で静かに語り始めた。

光顕さんは代々、「歓喜院」の住職を務める鑑家の長男として生まれた。体を動かすことが好きな子どもだった。中学では剣道部の主将を務め、仲間と汗を流した。

高校は宗教科がある高野山高校(和歌山県)に進学。僧侶を目指して全国から集まった寺の子弟と共に、勉学に励む充実した毎日を送っていた。

高校3年生の夏休みのこと。友人と連れ立って出掛けた際、自転車で転倒した。見た目にけがはなかったが、首を痛めたこともあり、念のため整形外科を受診した。外科的な診断を予想していた光顕さんに、医師は思わぬことを口にした。

「首付近のリンパ節が腫れています。精密検査が必要です」

整形外科医の言葉を受け、三木市内の総合病院で精密検査を行った。結果は「悪性腫瘍」。担当医は無情にもこう告げた。

「今すぐ入院治療です」

白血球の一種のリンパ球ががん細胞になり、最悪の場合は死に至る「リンパ腫」。重い病を乗り越えた僧侶・鑑光顕さんの壮絶な闘病生活をつづる。

(杉山雅崇)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加