高安、王鵬との2敗対決制して悲願の初賜杯へ向け単独トップ「ベストを尽くすことができた」

高安、王鵬との2敗対決制して悲願の初賜杯へ向け単独トップ「ベストを尽くすことができた」

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/11/25
No image

◆大相撲 ▽九州場所13日目(25日・福岡国際センター)

東前頭筆頭・高安(田子ノ浦)が、西同13枚目・王鵬(大嶽)との2敗対決を制した。並走していた関脇・豊昇龍(立浪)も3敗に後退したため、ついに単独トップに立った。

右からのかち上げで王鵬の体を起こし、そのまま突いて前進。左前まわしをつかんで得意の左四つになった。最後は右上手投げで転がした。「(立ち合いで)しっかり当たれました。落ち着いて取れたと思います」と、うなずいた。「稽古場でも胸を合わせたことはありますので、ベストを尽くすことができました」と余裕を見せた。

今年だけでも春場所は優勝決定戦に進出、秋場所でも千秋楽まで争ったが、あと一歩届かなかった。ただ「いい緊張感がありますので、楽しくやりたい。今年の経験があるので、のびのびとやりたい」と苦い経験が生きている。

悲願の初優勝へ「しんどい時期もありましたが、今年ようやく力が発揮できるようになりました。いい相撲が取れている。来年に向けて、残り2日間やりたいです」と引き締め直した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加