4月8日の注目映画第1位は『ゴジラvsコング』

4月8日の注目映画第1位は『ゴジラvsコング』

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/04/08
No image

『ゴジラvsコング』(C) 2021 WARNER BROTHERS ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

4月8日に映画サイト「シネマトゥデイ」でアクセスの多かった注目映画ベスト10です。

第1位『ゴジラvsコング』(5月14日公開)

(C) 2021 WARNER BROTHERS ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に続く“モンスター・ヴァース”シリーズ第4弾となるアクションアドベンチャー。モンスターの戦いで甚大な被害を受けた地球にゴジラが再び出現し、人類はキングコングに戦わせようとする。メガホンを取ったのは『サプライズ』『Death Note/デスノート』などのアダム・ウィンガード。『ターザン:REBORN』などのアレキサンダー・スカルスガルドや前作にも出演したミリー・ボビー・ブラウンやカイル・チャンドラーなどのほか、日本からは小栗旬らが出演する。

第2位『SNS-少女たちの10日間-』(4月23日公開)

No image

(C) 2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.

児童に対する性的搾取をテーマにしたチェコ発のドキュメンタリー。12歳の少女を装った女優たちが、SNSで10日にわたって友人を募集するというリアリティショーの行方を追いかける。監督を務めるのは、バルボラ・ハルポヴァーとヴィート・クルサーク。テレザ・チェジュカー、アネジュカ・ピタルトヴァー、サビナ・ドロウハーらが出演する。

第3位『ブレイブ -群青戦記-』(3月12日公開)

No image

(C) 2021「ブレイブ ‐群青戦記‐」製作委員会 (C) 笠原真樹/集英社

「週刊ヤングジャンプ」で連載された笠原真樹のコミック「群青戦記 グンジョーセンキ」を、『踊る大捜査線』シリーズなどの本広克行監督が実写映画化。ある日突然戦国時代にタイムスリップしてしまったスポーツ名門校の高校生たちが、生き延びようと奮闘する。『サヨナラまでの30分』などの新田真剣佑が主演を務め、戦国武将の松平元康(後の徳川家康)を三浦春馬、織田信長を松山ケンイチ、ヒロインを山崎紘菜が演じる。

第4位『椿の庭』(4月9日公開)

No image

(C) 2020 “A Garden of Camellias” Film Partners

広告写真などを数多く手掛けてきた写真家・上田義彦の初監督作品で、構想から十数年をかけ作り上げた家族ドラマ。椿が咲く庭のある家に暮らす祖母と孫娘の1年を描き出す。主演は『待合室 -Notebook of Life-』などの富司純子と『新聞記者』などのシム・ウンギョン。共演は『ハッピーフライト』などの田辺誠一に加え、清水紘治、チャン・チェン、鈴木京香ら。

第5位『名探偵コナン 緋色の弾丸』(4月16日公開)

No image

(C) 2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

青山剛昌の人気漫画を原作にしたアニメの劇場版シリーズ第24弾。世界最大のスポーツ祭典が開催される直前に起きた拉致事件にコナンが挑む。前作『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』の監督である永岡智佳が本作も続投。高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、池田秀一らおなじみの面々がボイスキャストを務める。

第6位『ノマドランド』(3月26日公開)

No image

(C) 2021 20th Century Studios. All rights reserved.

ジェシカ・ブルーダーのノンフィクション小説を原作に、「ノマド(遊牧民)」と呼ばれる車上生活者の生きざまを描いたロードムービー。金融危機により全てを失いノマドになった女性が、生きる希望を求めて放浪の旅を続ける。オスカー女優フランシス・マクドーマンドが主人公を演じ、『グッドナイト&グッドラック』などのデヴィッド・ストラザーンをはじめ、実際にノマドとして生活する人たちが出演。『ザ・ライダー』などのクロエ・ジャオがメガホンを取り、第77回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で金獅子賞を獲得した。

第7位『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(3月8日公開)

No image

(C) カラー

1990年代に社会現象を巻き起こしたアニメシリーズで、2007年からは『新劇場版』シリーズとして再始動した4部作の最終作となるアニメーション。汎用型ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオンに搭乗した碇シンジや綾波レイ、式波・アスカ・ラングレー、真希波・マリ・イラストリアスたちが謎の敵「使徒」と戦う姿が描かれる。総監督は、本シリーズのほか『シン・ゴジラ』なども手掛けてきた庵野秀明。

第8位『孤狼の血 LEVEL2』(8月20日公開)

No image

(C) 2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

柚月裕子による小説を『日本で一番悪い奴ら』などの白石和彌監督が映画化した続編で、前作から3年後の物語をオリジナルストーリーで描く犯罪ドラマ。亡き先輩刑事の跡を継ぎ広島の裏社会を取り仕切るようになった若き刑事が、刑務所を出所してきた暴力団員と火花を散らす。前作で新人刑事を演じた松坂桃李や彼と対峙(たいじ)する暴力団組長役の鈴木亮平のほか、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、吉田鋼太郎などが出演する。

第9位『スプートニク』(3月26日公開)

No image

(C) NMG Studio LLC 2020

宇宙から帰還した宇宙飛行士の体内に宿るエイリアンを描くSFホラー。1980年代のソ連を背景に、医師や科学者たちが未知の生物に挑む。イゴール・アブラメンコが監督を務め、オレグ・マロヴィチュコとアンドレイ・ゾロタレフが脚本を担当し、『ヴァーサス』などのオクサナ・アキンシナが医師を演じ、『ラン・スルー・ザ・ナイト』などのピョートル・フョードロフ、『アトラクション 侵略』などの監督を手掛けたフョードル・ボンダルチュクらが共演する。

第10位『るろうに剣心 最終章 The Final』(4月23日公開)

No image

(C) 和月伸宏/集英社 (C) 2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

和月伸宏のコミックを原作にしたアクションシリーズの最終章である2部作の第1弾。志々雄真実との死闘後、穏やかに暮らしていた緋村剣心たちに忍び寄る敵と、剣心の秘められた過去が明らかになる。監督は前3作に続いて大友啓史。主演の佐藤健をはじめ、武井咲、青木崇高、蒼井優、江口洋介らシリーズおなじみの俳優陣に加え、新田真剣佑が最凶の敵・雪代縁(えにし)役で出演する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加