ソフトバンク 完封負けで交流戦負け越し危機 工藤監督「うまくやられた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/11

「ソフトバンク0-1ヤクルト」(11日、ペイペイドーム)

ソフトバンクは41歳ベテラン左腕に翻弄されて零封負け。チャンスは作ったが、決定打を欠いた。

ヤクルト先発の石川の前に再三チャンスは作った。しかし、初回の無死一塁では2番・今宮が一ゴロ併殺打。三回2死一、二塁では栗原が中飛に倒れた。工藤監督は「チャンスを作るのが大事。それは出来たが、低めに集められたりカウントを整えられたりして、上手くやられた」と悔しがった。

一方、ソフトバンク先発の石川は二回に村上に19号ソロを浴びたが、失点したのはその場面のみ。8回1失点と好投した。

その投球に報いたい打線は終盤にもヤクルト中継ぎ陣を攻めた。七回1死一、二塁、八回も2死満塁としたが、ここでも肝心の「あと一本」が出なかった。

ソフトバンクは交流戦残り2戦で5勝7敗4分。一昨年まで7年連続で交流戦は勝ち越していたが、この敗戦でその可能性はなくなった。それでも工藤監督は「まだ(勝率)5割の道がありますので」と次戦以降の巻き返しを誓って前を向いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加