江頭2:50が量産型ユーチューバ-に? 無難な企画の連続に「残念です」

江頭2:50が量産型ユーチューバ-に? 無難な企画の連続に「残念です」

  • まいじつ
  • 更新日:2021/01/13
No image

(C)まいじつ

破天荒かつゲスな芸風で〝抱かれたくない男〟を獲得し続ける一方、ネット上では大人気を博してきた〝エガちゃん〟こと江頭2:50。しかしここへ来て、一般層の好感度が上昇するかたわら、ネットでの評価が低下する逆転現象が起きている。

【関連】手越祐也“炎上狙い”動画も再生数伸びず…ユーチューバーとして大ピンチほか

近年の江頭は、『ぷっすま』(テレビ朝日系)や『めちゃ×2イケてるッ!』、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(ともにフジテレビ系)と、準レギュラー的存在だった番組が相次いで終了。TV仕事の減少により、昨年2月にYouTubeチャンネルを開設、ネットに活路を見出し始めた。

コンプライアンスや放送コードに縛られないネット上において、江頭の芸風は相性抜群と思われた。しかし、YouTubeは独自の規制ルールが存在するため、思惑通りとはいかず。体を張った企画は少ない割合となり、《犬の美容室で散髪》《焼き鳥100本食べるまで帰れません》など、あくまでユーチューバーレベルに留まった動画が多数を占める。

ここ最近あがった動画も、《小顔矯正した》《コストコで爆買い》《アメ横の美味いモノ、全部食う!》など無難な企画ばかり。かつての破天荒な芸風は、もはや過去のものとなりつつある。

かつての江頭ファンからはガッカリ声が…

持ち味を殺してしまったかのような動画の連続に、破天荒な江頭が好きだった層はがっかりしている模様。実際、ネット上を見ると

《エガちゃんが普通のことしてもおもんない》《なんか残念 昔は破天荒でテレビで死なせてくれとか言ってたのに》《ただ『飯食って美味い』『高額商品買ってみた』の普通のユーチューバー》《俺は、江頭が女性ユーチューバーに抱きついたり、キスしたりする動画が見たかったんだよ。なんだいこれは》《もともと求められてたのが、人の所に乱入して好き勝手暴れてやる芸風だからな》《おもしろ破天荒爺さんから、ただの頭部が寂しい爺さんになってしまった》

など、旧来のファンから失望されているのが分かる。

「1月11日、江頭は人気ユーチューバー集団『フィッシャーズ』とのコラボ動画をあげたのですが、低評価は過去最高の割合となり、《芸能人は芸能人、YouTuberの方はYouTuber同士のコラボが良いような気がします》などとコメント欄も荒れ模様。江頭はTVで見せる過激さが求められていたのに、YouTubeに染まり、媚びすぎているのです。街ブラ動画を見ても、爆買いや食べ歩きなど、ありがちで面白みのないことをするばかり。待ち行く人からは2ショットを求められるなど、人気・知名度はあるのですが、かつてのキャラはすっかり失われています」(芸能ライター)

再生数自体は好調だが、評価は真二つに分かれているようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加