未解決のまま15年 京都精華大学のマンガ学部学生殺害事件

未解決のまま15年 京都精華大学のマンガ学部学生殺害事件

  • 関西テレビ
  • 更新日:2022/01/15

京都精華大学の男子学生が殺害された事件は、未解決のまま1月15日で15年を迎え、遺族と警察があらためて情報提供を呼びかけました。

京都市左京区の事件現場では法要が営まれ、遺族や警察などが手を合わせました。

15年前、京都精華大学マンガ学部の1年生だった千葉大作さん(当時20歳)は、路上で何者かに腹や胸などを刺されて死亡しました。

【千葉大作さんの母・千葉淳子さん】
「大作が何をしたというのですか。どうして殺されなければならないのですか。
犯した罪と向き合うべきです」

目撃情報から犯人は20歳から30歳くらい、身長170センチから180センチくらいのやせ形の男とみられます。
有力な情報には最高300万円の報奨金が支払われます。

【情報提供】下鴨警察署捜査本部 0120-230-663

関西テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加