休校した小学校のピアノ 15年ぶりの校歌

休校した小学校のピアノ 15年ぶりの校歌

  • FBC 福井放送
  • 更新日:2022/09/23
No image

休校した小学校のピアノ 15年ぶりの校歌

坂井市の県教育博物館で23日、休校となった福井市立高須城小学校で使われていたピアノが15年ぶりに音色を奏で、集まった卒業生らが当時の学校生活などを懐かしんだ。(9月23日)

ピアノは68年前に地域の人や元教員らから贈られ、授業や学校行事で使われていたが、学校が平成19年に休校となり、ずっと使われないままとなっていた。

今年5月に坂井市の県教育博物館に寄贈され、23日は同校の卒業生らが集まって久しぶりに校歌の演奏を楽しんだ。

休校となった際の校長は「胸がじーんときた」と話し、昭和61年の卒業生は「今は住んでいるところが違うけれど、6年間過ごした小学校を思い出すことができて良かった」と話した。

ピアノは県教育博物館に展示されていて、誰でも演奏することができる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加