「いい仕事をしてくれた」ソフトバンク工藤監督がブルペン絶賛

「いい仕事をしてくれた」ソフトバンク工藤監督がブルペン絶賛

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

◆ソフトバンク11-4楽天(18日、ペイペイドーム)

ソフトバンクは先発投手の連続勝利が「7」で途切れても、救援陣が好投で勝利を呼んだ。同点に追いついた直後の6回から登板した3番手の泉は三者凡退。7回の岩崎も続いた。2番鈴木大を3球三振、3番浅村を力ない右飛、4番島内は空振り三振と、上位打線をいずれもフォークボールでピシャリだ。「何とかゼロに抑えることだけを考えた」。2日に1軍復帰後6試合連続無失点の右腕は胸を張った。

8回はモイネロが2死三塁のピンチをしのぐと、直後の攻撃で打線が爆発した。救援陣の防御率は、リーグ唯一の2点台。実力通りに楽天に傾いた流れを止めた。工藤監督も「いい仕事をしてくれた。走者を出しても最後の一本は許さないところはさすが。負担がかかることもあるが(最後に)みんなで喜べるようにしたい」とブルペンの奮闘をたたえた。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加