数秘術|誕生日占いで人生にどれだけ恋をするかがわかる

  • カナウ
  • 更新日:2022/05/16

皆さまこんにちは。心理占いカウンセラーの澪です。

数秘とは、運命数とも言われ、生年月日から導き出すことができる個人が生まれ持った「数字」のことです。

運命数によって、その人の性質や性格が決まっていると言われています。

また、近くにいる人が自分の運命を大きく変えていくこともあります。

そこで今回は「人生にどれだけ恋をするか」をお伝えしていきたいと思います。

自分の運命数をチェックしてみましょう!

目次

運命数の計算方法

生年月日の中にある数を全てバラバラにし、1~9の一桁になるまで足してください。

【運命数の計算例題】

1992年2月16日生まれの人の運命数を計算するとき1+9+9+2+2+1+6=30

30をさらに一桁まで足します。3+0=3

運命数は3となります。

運命数1

本当に好きになる人は2人くらいでしょう。

顔がカッコイイな、仕事ができてカッコイイな、などで惹かれる人はいるかもしれませんが心から好きになる人はあまりいないはず。

モテるほうなので言い寄られることも多いかもしれませんが、遊びで付き合うような品のないことはしない性格です。

心も強いので、流されることもないでしょう。

運命数2

気が合う人にはすぐに運命かもしれないなと思ってしまう性格です。

深く人を愛することができる人なのでお付き合いする人は少ないほうですが4人くらいは本気で恋愛する人がいるでしょう。

中には不適切な関係の人もいるかもしれません。むしろ、危険な関係になるほど本気になってしまうかもしれません。

運命数3

友達感覚で恋愛をするので多くの人とお付き合いするでしょう。

あれは付き合っていたのかな? と忘れがちになる人もいるくらいです。

本気の恋愛は、30歳になるまでに1度あるかないかくらいのラフな関係がほとんどです。

奔放な性格のためか、フラれる恋愛のほうが多いでしょう。

運命数4

本気に好きになる人は2人か1人でしょう。

むしろ、恋愛ってどうすればできるの? と思う人も少なくないと思います。

本気で人のことを好きになれるのは20後半くらいでしょう。

それまでは、手の届かない人のことを思うことが多いでしょう。

運命数5

魅了する力が強い運命数5の人は、他の数字よりもモテる運命にあります。

また、恋愛を楽しむことにも長けているので、多くの恋愛をするでしょう。

恋愛においての失敗も多く経験します。

運命数6

初恋をとても引きずってしまう運命にあります。

一番最初に好きになった人のことをずっと忘れることができないでしょう。

本当に好きになる人は3人ほどで、初恋の人の面影がある人に実らない恋をしてしまうことがあるでしょう。

運命数7

若いころは短命な恋をして、人生を学びます。

30代になるとそこそこ長くお付き合いすることもあるでしょう。

お付き合いする人は少し多めで7、8人ほどですが、本気で好きになる人は1人いるかいないかくらいでしょう。

運命数8

あまり多く恋はしない運命です。

恋人よりも、自分の人生を大切にしてしまうかもしれません。

真剣に出会いを求めないと、運命の人とは出会えずに終わってしまいます。

器用ではない性格なので人生か、恋愛か選ばないといけないことがあるでしょう。

運命数9

本気に好きになる人は、2人ほど。

運命の人とは20代ごろなど早めに出会える運命にあります。

それを逃すと40代くらいまで出会いがないこともあります。

若いころには遊びで付き合うこともありますが、運命の人と出会えることで性格が変わります。

__PAGE_FEED_02__

おわりに

いかがでしたか?自分の身近にいる人で当てはまる人はいましたか?

数秘術は、自分がどういった人間でどうやって生きていくのかなどを導いて教えてくれるものです。

迷ったときは、自分の素直な気持ちに従うのもいいかもしれませんよ。

(澪/ライター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加