ドコモ、アプリ初期設定に1650円 なぜ有料になったのか広報に問い合わせると...

ドコモ、アプリ初期設定に1650円 なぜ有料になったのか広報に問い合わせると...

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/11/21
No image

(ponsulak/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

日々の生活に欠かせなくなったスマートフォン。今や、電話やメールだけでなくSNSやゲームなど、さまざまなアプリを楽しむことができる。しかし、アプリを使う際の初期設定が分からないという人がいるのも確か。

■アプリ初期設定の有料サービス

そんな中、NTTドコモは12月1日から、「LINE」や「ディズニーツムツム」などのアプリ初期設定をサポートする有料サービスを始めると発表。

No image

利用料金は1アプリあたり1,650円(税込)で、携帯電話料金の支払いと合算して翌月に請求される。対象アプリは「LINE」「Twitter」「Facebook」「メルカリ」「モバイルSuica」「ディズニー ツムツム」「Pokémon GO」となっている。

関連記事:Googleフォトの有料化でユーザーから悲鳴相次ぐも 変更事項を確認してみると…

■ネットでは賛否両論

このニュースに対してネットでは、「店員さんが大変だから賛成」「こういうお願いで店を混雑させているから、有料もやむなし」という声や、「良い商売だな」「いくらなんでも高すぎる」など、賛否が分かれる結果に。

どのような理由で、アプリ初期設定の有料化に踏み切ったのか、気になった記者はドコモ広報に問い合わせることにした。

■気になる広報の回答は…

広報の方は、「今までは無償でアプリの初期サポートをする店舗、しないという店舗があり、提供できるサービスにばらつきがありました。今一度こちら側から、できるサポートの範囲を明確化、サービス向上を図る目的で、初期設定の有料化となりました」との回答。

これにより、アプリ初期設定を頼まない人が増えると予想されることもあり、スタッフの業務軽減につながるかもしれないとも考えているようだ。

■1650円という価格設定の理由は?

有料化については納得したが、なぜ1,650円という価格設定なのかが解決されていない。そこで、さらに話を聞いてみると、「トライアルでの検証やお客様アンケート、同様のサービスを行っている家電量販店の価格設定、スタッフの人件費から考えて、この価格とさせていただきました」と話す。

アプリによって設定の時間は違うが、1つあたり15分前後の時間を見込んでいるようだ。この有料サービスが始まることで、ドコモショップでどのような変化が起こるのか気になるところだ。

・合わせて読みたい→マジカル・パンチライン、初の新メンバー公開オーディションを本日より開催

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加