「すみっコぐらし」映画大ヒット グッズキャラが劇場でも人気...魅力を探る

「すみっコぐらし」映画大ヒット グッズキャラが劇場でも人気...魅力を探る

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/11/25

「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」(2021年11月5日公開)がヒットしている。観客動員ランキングを発表している興行通信社によると、11月13日~14日と、20日~21日の両週末で1位を獲得している。

No image

「すみっコぐらし」は、文具・雑貨メーカーのサンエックスが開発したキャラクターだ。アニメや漫画、ゲームが発端ではない。文具メーカー発のオリジナルキャラクターがアニメ映画となり、しかも人気を集めているのだ。

1作目は男性にも好評

「すみっコぐらし」の映画は、今回が2作目。2019年11月に上映された1作目「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」は、サンエックス公式サイトによると累計動員数122万人を突破し、当時話題になった。子ども向けアニメ映画だが、大人にも人気だったようで男性限定の上映会が開催されたほどだ。

なぜそこまでの人気を得たのか。「現代ビジネス」2019年11月21日付の記事では理由のひとつに、「すみっコぐらし」が19年当時すでに市場規模が200億円に達するコンテンツだった点を挙げている。

また「withnews」は同年11月12日付記事で、1作目について、

「SNSでは『逆詐欺映画』などと高評価が相次ぎ、ツイッターで『すみっコぐらし』がトレンド入り」

と反響を伝えた。「逆詐欺映画」というワードだけ見ると何やら不穏だが、ツイッターでは子ども向けのかわいらしい絵柄なのに、大人も泣ける映画で「いい意味でだまされた」という意味を表したものだ。1作目はヒットした上に、内容の評価も高かったようだ。

大人こそ見てほしい

サンエックスの公式サイトでは、1作目の映画について次の点が掲載されていた。

「第1弾目の『映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』は、老若男女問わず幅広い支持を集め、『Yahoo!映画』評価ランキング第1位。『Filmarks映画初日満足度ランキング』第1位(2019年11月第2週)。『ぴあ映画初日満足度1位』(2019年11月9日ぴあ調べ)を獲得」

11月25日現在公開中の2作目も、多くのファンが期待を寄せている。ツイッター上では「見に行きたい」という声や、泣いた、涙ぐんだと感想を書き込む人、大人こそ見てほしいと勧める人がいる。<J-CASTトレンド>

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加