【グレゴリー、エル・エル・ビーンほか】懐かしくも新鮮!? いまが旬の“クラシックアウトドア”なバッグ3選

【グレゴリー、エル・エル・ビーンほか】懐かしくも新鮮!? いまが旬の“クラシックアウトドア”なバッグ3選

  • MonoMax Web
  • 更新日:2023/03/22
No image

【グレゴリー、エル・エル・ビーンほか】懐かしくも新鮮!? いまが旬の“クラシックアウトドア”なバッグ3選の画像一覧

新生活が始まる4月に向けて、カバンを新調してみるのはいかがでしょうか? 近年、洋服のトレンドでもあった「アウトドア」がバッグにも訪れてきています。特に70〜80年代にあったような“クラシックアウトドア”なバッグが続々と増えていますのでご紹介していきます。

1. アウトドアバッグを街に浸透させた立役者“グレゴリーのデイパック”

No image

グレゴリー デイパック オリーブ ¥26,400

登山やトレッキングなどで使われていたデイパックをタウンユースに浸透させた存在といえば、やはりこのバッグなのではないでしょうか。ブランド創業当時から存在しているグレゴリーのデイパックは40年以上も続き、今なお進化を遂げている大人気モデルなんです。

No image

タウンユースで使いやすい理由の1つとして、“使い勝手の良さ”が挙げられます。モデル名にもなっているデイパックという名前の通り、一日分の荷物を詰めるのにちょうど良い容量である26リットルサイズであることと、アウトドアで使うことを想定されているため耐久性のある作りであることがポイントです。PCスリーブなども完備されており、現代的にも使いやすい仕様に。

No image

アイコンでもあるレザージッパーブルは、つかみやすさとアクセントの役割を兼任しています。補強されたボトムや収納可能なウエストベルトなどアウトドアとタウンの両方で活躍してくれる機能性も見逃せません。一度このバッグを背負ってしまうと何度もリピート買いしてしまう……という話もよく聞くほどの名作です。未体験の方はぜひ一度お試しくださいませ。

品番:09J*34024
サイズ:W40×H45.5×D16.5cm
容量:26L
重量:645g

[問い合わせ先]
グレゴリー/サムソナイト・ジャパン
TEL:0800-12-36910
URL:https://www.gregory.jp

2.クラシックなのに現代的な作り“エル・エル・ビーン・コンチネンタル・リュックサック”

No image

エル・エル・ビーン・コンチネンタル・リュックサック British Khaki ¥17,600

これぞクラシックアウトドアな雰囲気を持つのはL.L.Bean(エル・エル・ビーン)。70〜80年代に多く存在したリュックサックを思わせるデザインです。それもそのはず、ブランドのアーカイブにあったリュックサックを現代的にアップデートしたのがこのモデルなんです。

No image

本体には耐久性のある600デニールの再生ポリエステルを採用。コットンやレザーを合わせた素材が多かった当時と比べると、かなり軽量なのがわかります。グリーンにあしらわれたピッケルホルダー、通称“ブタ鼻”も雰囲気作りに一役買ってます。

No image

背面にはノートPC用のスリーブもついており現代でも使いやすい仕様に。通気性に優れたバッグ・パネルと、背負いやすさを考慮した横幅により、快適な背負い心地を味わえます!パッド入りで厚みのあるショルダーストラップのため、荷物の量が増えても安心して背負うことができますよ。旅行などにも活躍するサイズだと思うので、クラシックな雰囲気を楽しんでください。

品番:TC515646
サイズ:約W32×H46×D17cm
カラー:Black・British Khaki・Dark Graphite・Loden
容量:約33L
重量:約1.1kg

[問い合わせ先]
L.L.Bean カスタマーサービスセンター
TEL:0422-79-9131
URL:https://www.llbean.co.jp

3. 復活を遂げた名門アウトドアブランド“MADDENのDAN’SPACK”

No image

メデン 【MADE IN USA】DAN’SPACK BLACK ¥25,960

1974年にDan Madden氏によりコロラド州ボールダーにて創業し、一時休業。その後、元メンバーたちを招集し劇的な復活を遂げたのがMADDEN(メデン)です。シンプルながら高品質、飽きのこないスタイルで多くのファンを生み、今なお愛されているブランドなのです。

No image

容量は17リットルでマチ幅も11cmとコンパクトな作り。電車内で背負っていても大丈夫なほど、ミニマムなサイズ感です。

No image

サイドファスナーからメインコンパートメントへ直接アクセス可能なので、荷物が取り出しやすいのも嬉しいです。本体には500デニールのナイロンを採用しているため、軽さと高いはっ水性を兼備。フロントポケットや内側のメッシュポケットなど収納場所も多く、小物の収納にも困らなさそうです。荷物がもともと少ないミニマリスト思考の方や、大きなバッグは苦手……という方にもオススメです。コンパクトで背負いやすいので、日常的に活躍してくれそうです。

素材:nylon 100%
サイズ:W30.5×H45×D11cm
カラー:BLACK・BLUE・KHAKI・BEIGE
容量:17L
重量:525g

[問い合わせ先]
HEMT PR
TEL:03-6721-0882
URL:https://madden-store.jp

洋服のみならず、バッグ業界にも新たな新風を巻き起こしているクラシックアウトドア。当時のデザインは生かしつつも、現代的な素材を用いてアップデートしているのが特徴です。懐かしいのに新鮮さを感じる新たなトレンドだと思いますので、今のうちにチェックすることをオススメします。

構成・文/小林 知典 撮影/村本 祥一(BYTHEWAY)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加