「大学入学共通テスト」雪の影響で道内の一部で遅れ

「大学入学共通テスト」雪の影響で道内の一部で遅れ

  • HTB北海道ニュース
  • 更新日:2022/01/15

きょう15日とあすは「大学入学共通テスト」が実施されます。北海道の一部の会場では、大雪による交通機関の遅れを受け、試験の開始が遅れました。

試験会場の一つである札幌市手稲区の北海道科学大学では、雪の影響でJRなどの交通機関に遅れが出たため午前の試験を60分午後からは40分開始を遅らせる措置が取られました。

また北海道教育大学岩見沢校ではJRの特急列車に運休が出ているためJRが手配したタクシーを使って代替輸送が行われました。

タクシーの運転手

「滝川の駅から乗せました。8時ごろ乗せて今着いた感じ。午前中は列車があまり動いて無いって言ってました」

北海道大学では道内最多となるおよそ4000人が試験に臨んでいます。

受験生

「朝6時45分に出ました。ここまでやってきたのでやるしかない」

「焦んないで自分の力を発揮できたらと思う」

北大の会場では現在のところ目立った遅れやトラブルは報告されていません。

No image

(c)HTB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加