酒井宏樹 U-24オーバーエージ参加「すごく複雑」も五輪へ決意

酒井宏樹 U-24オーバーエージ参加「すごく複雑」も五輪へ決意

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/16
No image

酒井宏樹(ゲッティ=共同)

「国際親善試合、U24日本-ジャマイカ」(12日、豊田スタジアム)

サッカー男子で東京五輪に臨むU-24(24歳以下)日本代表は10日、国際親善試合ジャマイカ戦(12日、愛知・豊田スタジアム)に向けて豊田市内で調整した。J1浦和への完全移籍が発表されたDF酒井宏樹(31)がオンライン取材に応じ、オーバーエージ(OA)としての複雑な心境を明かした。

酒井は自身が出場したロンドン五輪について「OAが入ることを100%歓迎できていたかというと違った」と振り返った。今回はOAとして参加する立場となり「すごく複雑。枠を取ってしまっているので」と率直な思いを口にした。その分、責任感は強い。「やるからには全ての試合に勝ちたい」と固い決意をにじませた。

浦和への本格合流は五輪後とみられる。Jリーグの登録期間は7月16日からで、酒井の浦和デビューは最短で8月9日札幌戦(札幌ド)となる見込みだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加