高級:タイのココイチ限定『和牛ステーキカレー』を食べた素直な感想 → 「別々に食べたかった」

高級:タイのココイチ限定『和牛ステーキカレー』を食べた素直な感想 → 「別々に食べたかった」

  • ロケットニュース24
  • 更新日:2022/09/23
No image

世界12の国と地域に進出している『カレーハウス CoCo壱番屋』(ココイチ)。最近はカレーの本場・インドへ出店したことでも大きな話題を集め、もはや「世界のココイチ」と呼べるだろう。

今回私が訪れたタイも、インドに次ぐカレーのメッカ。ハーブやココナッツミルクを使ったカレーが有名なタイで、俺たちのココイチは無事にやれているのだろうか? 気になってバンコク市内のココイチを訪れてみたところ……

“目を疑うほど攻めた限定メニュー” を発見したので、私はココイチの無事を確信した。

・日本とはちょっと違う

タイの首都バンコク中心部はココイチの密集地帯。なんなら日本より店舗数が多いエリアもある気がする。

No image

例えば『ロースカツカレー』なら、日本が864円、タイだと175バーツ(約677円)。タイの物価を考えるとやや高級品だが、日本よりお安く日本のカレーが食べられるのは嬉しい。

No image

タイのココイチの特徴として、まず『オムカレー』が猛威を振るっている点が挙げられる。日本ではオマケ的ポジションにいるオムカレーだが、タイの人はよほどオムカレーが好きらしい。

No image

また日本ではレギュラーメニューにない『スパゲッティ』も充実している。実はココイチは愛知県を中心にパスタ専門店『パスタ・デ・ココ』を運営するなど、パスタに関するノウハウを持っている……とはいえ、タイのココイチへ来てパスタを食べるってのも妙だが。

No image

その他のシステムは日本とだいたい同じ。一部珍しいトッピングもあり、完全制覇には時間がかかりそうである。

・理外のタイ限定メニュー

私の心がシーフードオムカレーに傾きかけていた、その時だった。ある “尋常じゃないほど攻めたメニュー” を発見し、思わず我が目を疑う。その名も……

No image

『和牛ステーキカレー』!!!

衝撃の385バーツ(約1489円)!!!!

ちなみに日本のココイチのグランドメニュー(三昧シリーズは除く)で一番高いメニューは『手仕込ヒレカツカレー』の1029円(税込)。仮に日本で和牛ステーキカレーが発売された場合、タイとの価格差を考慮すると、価格は2000円に近いという計算が成り立つことになる。よく発売に踏み切ったよなァ。

No image

たしかに近年、和牛の人気は海外でも高まっていると伝え聞く。とはいえ……食べるの? タイ人が? 和牛を? ココイチで? カレーに乗せて??

No image

記者としての義務感から注文した『和牛ステーキカレー』は、画像で見たより立派なステーキが乗っているようだ。これでウマくなけりゃ嘘だが……

No image

当然ウマいに決まっていました!!!! 歯がなくても食べられそうな柔らかさ。端っこのスジさえも柔らかく、約1500円でも安いと感じる上質な肉だ。 “赤身ステーキの最高ランク” って感じで万人ウケしそう! あえて1つだけ難点を挙げるとするならば……

「カレーと別々に食べたかった」ってことかな……☆

No image

和牛ステーキ肉がウマいからこそ、そしてカレーがウマいからこそ「一緒に食べるのがもったいない」と感じてしまったココイチの『和牛ステーキカレー』。1+1 は必ずしも2にならない場合もある……そう気付かされたバンコクの昼下がりだった。

ただし、このことは私の貧乏根性がそう感じさせたのかもしれないので、ステーキカレーを常食している上流階級の方々にとっては「一度は食べてみるべき一食」といえるだろう。タイを訪れたらチャレンジしてみてくれ!

執筆:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

動画・画像が表示されていないときはこちらから

亀沢郁奈

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加