有村架純は感謝?脱退・ヘイセイ岡本“唯一の勲章”「2800日前のスキャンダル」

有村架純は感謝?脱退・ヘイセイ岡本“唯一の勲章”「2800日前のスキャンダル」

  • 日刊大衆
  • 更新日:2021/04/07
No image

有村架純、岡本圭人(Hey!Say!JUMP)

4月5日、Hey!Say!JUMP岡本圭人(28)が、4月11日付でグループを脱退することが発表された。ジャニーズ事務所を退所するのではなく、同事務所で俳優業に専念するという。

関連:「有村架純も決めた」浜辺美波、小松菜奈も…佐藤健「女を見る眼」天下一品

「岡本は18年8月末からアメリカの名門演劇学校『アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ』へ留学していて活動休止していましたが、結果的にそのまま脱退となりました。岡本は“脱退は他のメンバーと直接会って話をした上で決まった”“これからの僕の人生を応援してくれて、別々の道でも頑張っていこう!と言ってくれました”としていますが、ファンの反応は芳しくありませんね……」(女性誌記者)

岡本は留学前の時点で、素行が問題視されていた。プライベートでも女性問題や夜な夜な飲み歩く様子などがたびたび報じられ、『週刊女性』(主婦と生活社)が温泉街のキャバクラで“大学生ノリ”で騒ぐところを報じていたこともある。

さらに、岡本は18年7月に『THE MUSIC DAY 伝えたい歌』(日本テレビ系)にて、

「未来のHey!Say!JUMPのために、必ず成長して帰ってきます」

と発言。SNSでは岡本の転身を応援する声もある一方で、

《岡本圭人、貴方はJUMPのために留学したんじゃないんでしょうか?なんで留学したのか、もう一回教えてください》《話が違うじゃないですか「JUMPのために」と言って留学して行ったのに、脱退するのは違くないか》《さすがに圭人勝手過ぎると思っちゃった…》

と、今回の独立を「身勝手な裏切り行為」とするファンの声が上がっているのだ。

■かつて熱愛報道があった有村に再注目

岡本の今回の脱退騒動に、怒りを覚えているのはファンだけではないかもしれない。日本を代表するあの女優も、今回の岡本の報道に大迷惑をこうむっているのだ。

「13年に、岡本との“キスプリクラ写真”が『FRIDAY』(講談社)にスキャンダルされた、有村架純(27)です。4月17日から新ドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)に出演する直前に、変な形で注目されてしまうことになりましたからね……」(前出の女性誌記者)

いまから約8年前、2013年当時のHey!Say!JUMPは、山田涼介(27)などが脚光を浴びていましたが、岡本はソロではそこまでブレイクしていなかった。その後、岡本は有名人との熱愛や目立つ話題がなかったこともあり、ジャニーズに疎い人にとっては「岡本=有村とのキスプリクラ」という印象が強いのだ。

《岡本圭人の人生最大のピークは有村架純と出来てた時でしょ、って思って検索したらみんな同じこと言っててやっぱそうだよなってなってる》《岡本圭人、、、お前のピークは有村架純の元カレで終わりそうなんだよなあ。》

ネット上では、上記のような辛らつな意見も目立った。

「有村は当時公式ブログで、直接的な表現こそ避けましたが、キスプリクラの件を謝罪。“何をしたいのか、何を見てもらいたいのかとあらためて考え、それはお芝居しかないと思いました”“今後も一つ一つの仕事を100%以上の気持ちで全力で取り組んでいき、結果を残していけるように邁進していきたいと思います”とつづっていました」(前同)

■心を入れ替えた有村が大女優になった一方で…

この言葉通り、その後の有村は共演者とウワサされることはあれど決定的な熱愛報道はなく、女優として着実に成長。16年の映画『ビリギャル』で第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞および新人俳優賞を獲得したのも、大きな転換期となった。

「映画は昨年を除いて、毎年1、2本のペースで出演しています。今年公開の『るろうに剣心最終章』はコロナ禍がなければ昨年公開予定だったので、実質、11年以降10年間絶えず出演していることになりますね。ドラマも、2017年を除くと毎年出演している売れっぷりです」(映画ライター)

出演するドラマは軒並み好成績。同業者からの評価も高い。今年3月3日には、『有村架純の撮休(#1)』(WOWOW)と『劇場版 そして、生きる』が評価され、『第12回Asian Pop-Up Cinema』の『BRIGHT STAR AWARD』を、日本人として初めて受賞している。

「一方、岡本は“役者に専念”と言っていますが、これまでの実績はないに等しい。思い浮かぶのは11年の『3年B組金八先生ファイナル直前同窓会SP』(TBS系)と、14年の『ファーストクラス』(日本テレビ系)のドラマ2本だけで、映画にも出ていないし、舞台の仕事もほとんどない。本格的にアメリカで演技の勉強をしたガッツは評価しますが、トップクラスの女優になった“元カノ”有村とは大きく差をつけられてしまいましたね……」(前同)

思わぬ形で再注目されてしまった有村。ただ、有村がここまでビッグになったのは、過去の岡本とのスキャンダルがあったという見方もある。ひょっとして、内心では岡本に感謝しているかも!?

『鉄腕ダッシュ』新レギュラーSixTONES森本慎太郎とキンプリ岸優太「残酷な差」

日刊大衆編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加