60歳代の給与は平均20万円以下が相場? 厚生年金・国民年金の平均受給額も

60歳代の給与は平均20万円以下が相場? 厚生年金・国民年金の平均受給額も

  • LIMO
  • 更新日:2022/06/23

【今月から減ってる】年金受給額の実態を一覧表で見る

No image

人生100年時代を迎えている今日。退職後の老後の生活は長くなり、その間の生活費をどうやって確保していくかは、多くの人にとって共通の不安でしょう。

昨今はリタイア後も働く人は増加しており、定年後も働いて貯蓄を進めることも珍しくなくなりました。

そこで気になるのが、定年後の働き方。日本労働組合総連合会の「高齢者雇用に関する調査2000」の結果から、具体的な勤務時間やお金事情についてチェックしていきましょう。

【注目記事】厚生年金だけで【月平均25万円以上の年金収入】の羨ましい人は日本に何パーセントいるか

【画像】高齢者雇用に関する調査結果と年金受給額の一覧から老後生活の実態を知る(出典:日本労働組合総連合会、厚生労働省)

1. 60歳代以上の平均給与はいくらか?雇用の実態

60歳以上の人(400名)に、1ヶ月の賃金(税込)を聞いたところ、「5万円~10万円未満」(20.0%)や「15万円~20万円未満」(19.3%)、「20万円~25万円未満」(20.5%)などに回答が分かれ、平均は18万9000円でした。

No image

出典:日本労働組合総連合会「高齢者雇用に関する調査2020」

1.2 60歳代以上の給与「正規雇用者」は33万1000円

雇用形態別に平均をみると、正規雇用者は33万1000円、正規以外の雇用形態で働く者は13万円でした。

また1日あたりの労働時間を聞いたところ、「8時間」(42.0%)に最も多くの回答が集まり、平均は6.8時間でした。雇用形態別に労働時間の平均をみると、正規雇用者は8.0時間、正規以外の雇用形態で働く者は6.3時間でした。

2. 60歳代以上の雇用「給与に不満」過半数に

続いて、60歳以上の人(400名)に、現在の仕事についての満足度を聞きました。

「満足している」と回答した人の割合をみると、【働き方】では70.3%、【労働時間】では73.8%、【労働日数】では73.3%、【仕事内容】では71.5%と、いずれも満足している人が多数派となりましたが、【賃金】では44.0%と半数以下となりました。

No image

出典:日本労働組合総連合会「高齢者雇用に関する調査2020」

60歳を迎えて以降も働くシニアは、自分らしく働くことができていると感じているものの、賃金には納得していないということがうかがえる結果となりました。

3. 60歳代以降も働く理由「生活資金のため」が1位

全回答者(1000名)に、今後、何歳まで働きたいと思うか聞いたところ、平均は67.4歳となりました。

No image

出典:日本労働組合総連合会「高齢者雇用に関する調査2020」

回答者の年齢別にみると、働きたいと思う年齢の平均は、45歳~49歳の人では66.3歳、50歳~54歳の人では66.2歳、55歳~59歳の人では65.7歳、60歳~64歳の人では67.8歳と、60代後半となりました。

また、65歳~69歳の人では平均年齢は71.1歳という結果でした。

では、60歳以降も働きたいと思うのはどのような理由によるのでしょうか。

No image

出典:日本労働組合総連合会「高齢者雇用に関する調査2020」

60歳以降も働きたいと思っている人(936名)に、60歳以降も働きたいと思う理由を聞いたところ、「生活の糧を得るため」(77.0%)が最も高く、次いで、「健康を維持するため」(46.2%)、「生活の質を高めるため」(33.9%)、「働くことに生きがいを感じているため」(28.8%)、「仕事を辞めてもやることがないから」(24.9%)となりました。

金銭面や健康面が理由となっているケースが多いようです。

回答者の年齢別にみると、「健康を維持するため」や「勤務先から継続して働くことを望まれているから」などは年齢が上がるほど高い傾向がみられ、65歳~69歳の人では「健康を維持するため」は59.3%「勤務先から継続して働くことを望まれているから」は26.1%となりました。

4. 60歳代以降の資金の柱!厚生年金と国民年金の平均受給額を一覧表でチェック

定年60歳以降の生活資金の柱となるのが、年金です。

そこでここでは、年金がいくらもらえそうかをチェックしていきます。

No image

出典:厚生労働省「令和2年度厚生年金・国民年金事業の概況」

国民年金の平均年金月額

60歳:3万9019円

61歳:4万594円

62歳:4万1689円

63歳:4万2881円

64歳:4万3513円

65歳:5万7919円

66歳:5万7737円

67歳:5万7569円

68歳:5万7272円

69歳:5万7169円

厚生年金(第一号)の年金平均月額

60歳:9万838円

61歳:5万9575円

62歳:6万0436円

63歳:7万8770円

64歳:8万636円

65歳:14万5337円

66歳:14万5703円

67歳:14万3386円

68歳:14万1979円

69歳:14万36円

60代の年金は以上のようになっています。あくまで参考ですが、ご自身の60代をイメージするうえでの材料になるでしょう。

5. 60歳代の雇用の実情から老後を考える

今回は、高齢者の雇用の実態を解説してきました。

定年後も働き続けられれば、ある程度収入は見込めるでしょう。ただ、高齢になればなるほど、健康面のリスクがあります。いつ自分が働けなくなるかは誰にもわかりません。

また、年金だけで豊かな老後の生活を送るのもなかなか難しいでしょう。現役世代の元気なうちから、老後に備えた貯蓄について考えておくことが重要ではないでしょうか。

参考資料

日本労働組合総連合会「高齢者雇用に関する調査2020」

厚生労働省「令和2年度厚生年金・国民年金事業の概況」

齊藤 慧

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加