「今こそ法の理念を」 最高裁長官、憲法記念日で会見

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/05/03

最高裁の大谷直人長官が3日の憲法記念日を前に会見し、新型コロナウイルス禍における裁判所の取り組みについて「感染拡大防止の要請と紛争解決を使命とする司法の役割を、いかに調和させるかを最重要課題として取り組んできた」と振り返った。
 最高裁は、昨年2月に感染防止のため期日変更の検討を促す通知を全国の裁判所に出したが、現在は対策を徹底した上で可能な限り業務を継続する方針に転換。大谷長官は「経済活動の制限

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加