カズワン沈没事故から2カ月 献花台前では手を合わせる人々も

カズワン沈没事故から2カ月 献花台前では手を合わせる人々も

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/06/24
No image

"町役場の玄関に設けられた献花台には多くの花が供えられていた=2022年6月23日午前10時44分、北海道斜里町役場、佐野楓撮影"

北海道斜里町の知床半島沖で26人が乗った観光船「KAZUI(カズワン)」が沈没した事故は、23日で発生から2カ月を迎えた。町役場入り口に設けられた献花台には、いまだ行方がわからない人の発見を願い、手を合わせる人々の姿が見られた。

観光船沈没、忘れられない慟哭 安置所で家族を支え続けた町職員

観光で知床に来て、この日、献花台を訪れた岐阜県の男性(65)は「まだ見つかっていない人も多く、本当に可哀想だと思う」と話した。

献花台は遺体安置所となった町営体育館に設けられていたが、今月6日に町役場に移設された。献花は事故後、計1254件(今月22日現在)あったという。町保健福祉課保健担当主幹の茂木千歳さんは「町は普段の生活に戻りつつあるが、献花台の花が絶えないということは、それだけ大きな事故だったということ」と話す。事故直後から町営体育館に詰めて家族の対応に当たるとともに、献花台の花の世話を担当してきた。「花を見るたびに切なくなるが、できるだけ花をきれいに保って、皆さんの思いを届けたい」

一方、道警はこの日、21日から行っていた現場周辺海域や沿岸部での集中捜索を終了した。行方不明者の手がかりは見つからなかったという。

道警警備課によると、この日も、警察官約40人が警備艇2隻やヘリ1機も用いて、根室半島北側の沿岸と海域を午前9時~午後5時ごろ捜索した。この日で、発生後から続けてきた警備艇での捜索はいったん終了するという。今後は、日常業務のパトロールの中で捜索を続けていく。(佐野楓、石垣明真)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加