北朝鮮の工作船が、海保の巡視船を銃撃し自爆...20年前の事件を振り返る

北朝鮮の工作船が、海保の巡視船を銃撃し自爆...20年前の事件を振り返る

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2021/06/19

海保の「工作船展示館」を訪ねて
海上保安庁の巡視船に銃撃を加えながら逃げ続け、最後は自爆して乗組員もろとも海に沈んだ北朝鮮の工作船。海上保安官3人が負傷し、工作船の乗組員8人の死亡が確認された九州南西海域の工作船事件から今年12月で20年を迎える。
海上保安庁は事件後、海底90メートルに沈んだ工作船を引き揚げ、横浜市の横浜海上防災基地の一角に海上保安資料館横浜館(工作船展示館)を造り、展示した。こ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加