張本勲氏「どんどん仲間がいなくなっていく」 元ヤクルト安田猛氏訃報に

張本勲氏「どんどん仲間がいなくなっていく」 元ヤクルト安田猛氏訃報に

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/22

元ヤクルト投手の安田猛氏の訃報を受け、本紙評論家の張本勲氏は「どんどん仲間がいなくなっていくね…」とかつてのライバルの死を惜しんだ。

No image

1976年ヤクルト対巨人 張本に投げ込む安田猛さん

「左殺し。横手投げの変則でスライダーが良くてね。ユニークな投手だった」。張本氏は1976年に日本ハムから巨人に移籍。同年4月4日のヤクルトとの開幕第2戦(神宮)で対戦し、安田氏から2安打2打点した。

「(左対左でも)私はそんなに彼を苦にしていなかった。王ちゃんはタイミングが合っていなかったようだが」と往年の対戦を振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加