『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』時系列は西暦何年? 監督は「今」と発言

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』時系列は西暦何年? 監督は「今」と発言

  • THE RIVER
  • 更新日:2021/10/14
No image

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の人気シリーズ最新作、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』の舞台はいつになるのか? 物語の正確な時系列を、監督・脚本のジェームズ・ガンが示唆した。

既報によると、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.3』は、ガーディアンズが次に登場する『マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題)』、および2022年配信のDisney+オリジナル作品『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/ホリデー・スペシャル(原題)』よりも後を描く作品になるとのこと。今回、ガン監督は「『Vol.3』の舞台は何年になりますか?」との質問に「今(Now)」と答えている。

Now
— James Gunn (@JamesGunn)
October 10, 2021
from Twitter

もっとも、ガン監督の言う「今」が、現実世界の“今”である2021年を指すわけではないことは明らかだ。なぜなら、ガーディアンズが前回登場した『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)の主な舞台は2023年。ちなみに『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)は同作の8ヶ月後、ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021)は同じく約6ヶ月後という設定で、ともに2024年と推測されている。『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(2021)や、来たる『エターナルズ』(2021)の物語も2024年が舞台という説が有力だ。

しかし『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』は、現時点で『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後としか伝えられていない。すなわち、時系列としては「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」以前、すなわち2023年になる可能性もあるのだ。本作は2023年公開予定のため、もしガン監督の言う「今」が、映画公開時点の“今”を指すのだとすれば、「今=2023年」ということもありうるだろう。

その一方で見落とせないのは、ガン監督が「さらに成長したグルートを見られますか?」との質問に「かなりの年月が過ぎている」とも回答したことだ。『Vol.3』の舞台が2023年だとすれば、『アベンジャーズ/エンドゲーム』からはほぼ時間が経過していないため、やはり時系列はもう少し先だと見るべきかもしれない。

Well years have passed.
— James Gunn (@JamesGunn)
October 10, 2021
from Twitter

ちなみに、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)の舞台はともに2014年。シリーズとしては前作から少なくとも9年が経過するわけだが、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)でガモーラは死亡、ネビュラ以外のガーディアンズは一時消滅したため、消えたメンバーにとって2018~2023年の5年間は空白となっている。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』は2023年5月5日に米国公開予定。なお、日本公開は同年4月予定と告知されている。

稲垣 貴俊

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加