蓮田市長選挙は新人4名の争い!5月15日投票 埼玉県

蓮田市長選挙は新人4名の争い!5月15日投票 埼玉県

  • 選挙ドットコム
  • 更新日:2022/05/14
No image

5月8日に告示された蓮田市長選挙には、自民党が推薦する山口京子(やまぐち・きょうこ)氏(65)、福田聖次(ふくだ・せいじ)氏(70)、菊池義人(きくち・よしひと)氏(45)、北角嘉幸(きたずみ・よしゆき)氏(58)の無所属新人4名が立候補しました。投票は5月15日に行われます。

今回はまちづくり策、子育て支援策などが争点と考えられます。

市民の声に耳を傾け、「蓮田共生」のまちづくりに全力で取り組みたい 山口氏

山口氏は聖心女子大学教育学科心理学専攻卒業。演劇集団「円」研究所、「夢の遊眠社」、「電劇」での演劇活動を経て、1999年から蓮田市議を5期20年、2019年から埼玉県議を3年間務めました。

山口氏は以下の政策を掲げました。

No image

蓮田市長選挙 選挙公報

まちづくりのエキスパートとして、人口減少や住んで誇れるまちづくりを実現させたい 福田氏

福田氏は埼玉県立春日部高等学校卒業。会社員を経て、株式会社環境都市再生研究所を設立しました。会社存続が困難になり東京大学大学院に入学。修了後に契約社員、派遣社員として勤務。また建設コンサルタントとしてまちづくりに従事しました。2019年の蓮田市議選挙に初当選し3年務めました。

福田氏は以下の政策を掲げました。

No image

蓮田市長選挙 選挙公報

若さと実行力で、蓮田の明るい未来に向けて市政に取り組みたい  菊池氏

菊池氏は蓮田市生まれ、埼玉県立鷲宮高等学校卒業。株式会社大都、田中土建興業株式会社を経て、2015年から蓮田市議を2期務めました。

菊池氏は以下の政策を掲げました。

No image

蓮田市長選挙 選挙公報

市民の声を聞き、市役所大改革と生活支援の実行し、蓮田市を新しく変えたい 北角氏

北角氏は広島市生まれ、早稲田大学法学部卒業。国会議員政策担当秘書、河村たかし名古屋市長特別秘書を経て、2019年の蓮田市議選挙に初当選し3年務めました。

北角氏は以下の政策を掲げました。

No image

蓮田市長選挙 選挙公報

埼玉県蓮田市長選挙 5月15日投票 立候補者情報>>

選挙ドットコム編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加