東北出身の西武新人赤上「少し暑い」所沢の寒さ平然

東北出身の西武新人赤上「少し暑い」所沢の寒さ平然

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/14
No image

新人一番乗りでブルペン登板をする西武育成ドラフト1位・赤上優人投手(球団提供)

西武の育成ドラフト1位の赤上優人投手(21=東北公益文科大)が、新人一番乗りでブルペン投球を行った。

14日、埼玉・所沢で行われている新人合同自主トレで捕手を立たせたまま、約20球投げ込んだ。西口文也、豊田清、両投手コーチが見守る前で「球的には全然まだまだでしたが、硬いマウンドで投げる機会があまりなかったので、これから多めに入って早く慣れたいと思います」と意気込んだ。

秋田で育ち、大学は山形で過ごした。東北の冬に慣れているだけに、所沢の寒さにも平然。「少し暑いくらい。少し動くと汗が出てくるので、そこは大丈夫です」と頼もしく言い切った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加