50代が片づけをすると起きる5つのいいこと。小さな「できた」が満足感に

50代が片づけをすると起きる5つのいいこと。小さな「できた」が満足感に

  • ESSE-online
  • 更新日:2022/08/09

面倒な片づけ。でも定期的に片づけると、過去の自分に決別できたり、がんばりに気づいたり、今の持ちものの確認にもなります。片づけによって生まれる「5つのいいこと」について、もうすぐ50代になるカウンセラー・エッセイストの若松美穂さんが教えてくれました。

No image

片づけは面倒だけれど、確認や満足感、たくさんの「いいこと」につながる

先日久々に、仕事道具など自分の持ち物を整理をしました。
家族が大人になってくると人のものは手出しができず(それもまた気楽ではありますが)、片づける場所のメインは自分のものとキッチンや洗面所、納戸になります。

この記事のすべての写真を見る

No image

片づけをすると気づきがあります(※写真はイメージです。以下同じ)

どの場所も、一度片づけてもものはまた少しずつ増えていくものですから、時々見直す必要を感じています。片づけをしてみると気がつくことがあります。

●1:片づけという名の「確認」ができる

No image

もともと忘れっぽい性格なので、片づけていると「こんなの持っていたっけ?」「ないと思っていたら、あった!」ということが。
だからこそ、定期的に片づけると、「そうそうこれはあった・ここにある」と確認ができ、次に使うときの時間を無駄にしないですみますし、ムダ買いを防ぐことができています。

仕事道具も、どこになにがあるかがわかるだけで、安心して取り組むことができている…ということを感じることがあります。

●2:出来事が過去のものになっていることに気がつく

No image

片づけをしていると、過去、自分に必要だったものが出てきたりします。
それを「まっいいか」「今の私には必要ない」と思えたとき、自分の中では過去のことになったと感じ、ホッとすることが…。
たとえば、迷いや愚痴を書き連ねたノート。そんなこともあったと思いつつ、勢いよく捨てています。
持ちものの整理が、自分の気持ちの変化や整理に気がつくきっかけにもなっています。

●3:自分のこれまでのがんばりに気がつく

No image

書類を整理していると、勉強してきたことや、資格取得に使用していた資料が目に留まります。年齢を重ねたこともあるのかもしれませんが、懐かしくもあり、あのときの自分もよくがんばったんだなと、自分を認める時間になっています。
お菓子づくりや裁縫の道具を整理しつつ、同じように感じることがあります。

●4:ダイエットや運動のひとつと考える

No image

この猛暑で、なかなか外に出かける気持ちにならない日もあるのではないでしょうか。
そんなときにこそ、体を動かす理由として片づけをします。
汗をかいて、片づいた後にシャワーを浴びると、気持ちも体もスッキリします。

●5:小さな「できた」が一日の満足感につながる

No image

片づけは、頭のどこかで「した方がよい」と思っていても、“面倒”や“疲れた”を理由に、先延ばしにしたり、避けてしまったり…。

それでも「えいっ!」と始めて片づけると、やっぱりスッキリしますし、あくまでも私の場合ですが、片づけを「しなきゃよかった」と思うことはありません。
いろいろと言い訳を並べて、“しない・できない”自分より、1か所でもいいから、小さな「できた」を感じることで、自分なりに満足感が生まれるものだなと感じています。

ちなみに、自分だけでの片づけは無理と思ったら、専門家に頼むのもひとつの手ですよね。
背中を押してもらう・認めてくれる「声」があればできるのに…。だれかと一緒ならやる気が起きるんだけどな。大人になっても、そんな自分はいると思うから。

若松美穂

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加