ヤクルトつなぐ野球で先制 サンタナ好走で好機、オスナ三ゴロ併殺間に1点

ヤクルトつなぐ野球で先制 サンタナ好走で好機、オスナ三ゴロ併殺間に1点

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

ヤクルト対オリックス 2回裏ヤクルト無死一、三塁、オスナの三ゴロで生還するサンタナ(撮影・河田真司)

<日本シリーズ:ヤクルト-オリックス>◇第5戦◇25日◇東京ドーム

ヤクルトが、2試合続けて先制した。

つなぐ野球を、この日も見せた。2回、先頭のサンタナが四球。続く中村が左前打を放つと、相手守備の隙を突いてサンタナは好走塁で三塁まで進み、チャンスを広げた。

無死一、三塁、オスナがオリックス先発山崎福の初球高め直球を三ゴロ併殺打とし、その間に1点を先制した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加