国内外で高い評価を得ている写真家・今道子が、日本の美術館では初となる個展を開催

国内外で高い評価を得ている写真家・今道子が、日本の美術館では初となる個展を開催

  • ぴあニュース
  • 更新日:2021/11/26

野菜や魚などの食材や、花や昆虫を素材に特異なオブジェを制作、それを撮影し印画紙に焼き付け、作品にしている写真家・今 道子(こん みちこ 1955- )。11月23日(火・祝) から神奈川県立近代美術館 鎌倉別館にて、日本の美術館では初となる個展が開催中だ。

創形美術学校で版画を学んだ今は、写真を用いたリトグラフなどで非現実的なイメージを追求するなかで、1980年前後から本格的に写真の制作を始めた。彼女はまず、靴や帽子、市場に並ぶ魚や野菜などの食材や日常的なモノを素材に、それらを組み合わせたオブジェを創作。それを自然光で撮影して印画紙に焼き付けるという独自の手法で、作品を制作している。不可思議に組み合わされたモノたちが生み出す幻想的なモノクロームの世界は、最初の写真集『EAT』(1987年)以来一貫しており、第16回木村伊兵衛写真賞受賞(1991年)をはじめ、 国内外で高い評価を得てきた。

日本の美術館では初めての個展となる同展では、初期の代表作《蛸+メロン》《キャベツ氏》から、メキシコ国立写真美術館での個展(2017年)以降の近作《繭少女》《シスターバンビ》、初公開となる新作の《巫女》(2020年)など、モノクロ70点余とカラー7点、ポラロイド16点を紹介。

鎌倉を拠点に40年にわたり制作してきた今の作品群が一堂に会す貴重な機会だ。

No image

今道子《キャベツ氏》1981年 作家蔵 (c)Michiko Kon, Courtesy PGI

No image

今道子《蟹+剣道面(セルフポートレート #4)》1990年 作家蔵 (c)Michiko Kon, Courtesy PGI

No image

今道子《小鯵+帽子+髑髏》2002年 作家蔵 (c)Michiko Kon, Courtesy PGI

No image

今道子《シスターバンビ》2017年 作家蔵 (c)Michiko Kon, Courtesy PGI

【開催概要】
『フィリア — 今 道子』
会期:2021年11月23日(火・祝)~2022年1月30日(日)
会場:神奈川県立近代美術館 鎌倉別館
開館時間 : 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(1月10日は開館)、12月29日(水)~ 1月3日(月)
料金:一般700円/20歳未満・学生550円/65歳以上350円/高校生100円
●公式サイト:http://www.moma.pref.kanagawa.jp/annex

ishii

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加