あの衝撃はいまでも忘れない!「ドクターグリップ」が起こした革命とは?

あの衝撃はいまでも忘れない!「ドクターグリップ」が起こした革命とは?

  • GetNavi web
  • 更新日:2022/08/06

子どものころに使っていた文房具は、なぜかいまでも記憶にハッキリ残っているものだ。そんな懐かし文房具の“最新Ver.”を見てみよう。進化したものもあれば、変わらないものもある!

※こちらは「GetNavi」 2022年7月号に掲載された記事を再編集したものです。

“手書き時代”に革命を起こした1本! ドクターグリップ

太軸ペンの大定番であるドクターグリップは昨年、発売30周年を迎えた。人間工学に基づいた握りやすいグリップは、いまも中高生から社会人まで幅広い層に支持されている。

疲れにくくて芯が折れにくい機能全盛りの最強ドクグリ

No image

パイロット
ドクターグリップエース

880円

シリーズのフラッグシップモデル。疲れにくいグリップに加えて、芯折れ防止のアクティブサスや、残り芯1本を知らせるラスイチサインなど多彩な機能を持つ。

No image

↑芯に強い荷重がかかると、先端パイプが軸にもぐって衝撃を吸収。安定した筆記感が途切れず長続きするのがうれしい

PLAYBACK!

No image

↑1999年発売のスケルトンカラー版。芯を振って出すフレフレ機構が透けて視認できることもあり、歴代でも人気が高いモデルだ

GetNavi編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加