マスクでストレス感じる人はどれくらい? 化粧をごまかせるメリットも

マスクでストレス感じる人はどれくらい? 化粧をごまかせるメリットも

  • OVO
  • 更新日:2020/11/20
No image

気が付いたら、ほとんどの人がマスクをして外出している昨今。街を歩いて知り合いとすれ違っても、お互いに気が付かないという人が多いと思われるが、こうなってくると、テレビCMであった「メガネは顔の一部です」じゃないけど、もう「マスクは顔の一部」と言っていいだろう。

そうマスクをしていると、素顔がよくわからない──「あれっ、とてもイケメンじゃない?」とマスク姿をみて思ったのが…。マスクを取った途端に、「あちゃー、全然、イケメンじゃない」と思った人は少なくないのでは? 実際、富士産業(香川県)が全国の20~40代の働く女性500人を対象に実施した「マスクとストレスに関する調査」では、マスクを取った異性の姿にギャップを感じた経験がある人が約半数にのぼったとか。マスクイケメン、マスク美人が多いようだ。

素顔が分からなくなるため、付けるのが面倒に思えるマスクも、新型コロナウイルスから守ってくれるだけではなく、自分をマスク美人にしてくれると考えれば、マスク着用も我慢できるというもの。調査では7割の人が「化粧をごまかせる」というメリットを感じているほか、 「ニオイを気にせず好きなものを食べることができる」という人も結構多い。

ただ、「息苦しい」 「肌が荒れる」 「暑い」と思う人は多く、マスクをしてストレスを感じる人はおよそ8割。でも、コロナ禍は当分収まる様子もない。感染予防対策上、まだまだマスクのお世話になることになりそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加