【ワイドショー通信簿】「おしどり夫婦」の闇 事件のポイントは凶器「パン切り包丁」(めざまし8)

【ワイドショー通信簿】「おしどり夫婦」の闇 事件のポイントは凶器「パン切り包丁」(めざまし8)

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/04/07

「インスタライブで子どもを抱えながらトレーニングをしているこちらの女性。内縁の夫をパン切り包丁で殺害したとされる、三浦咲子容疑者27歳です。仲が良かったという夫婦に一体何があったのか」と、MCの谷原章介が切り出した。

No image

「感じのいい夫婦でしたよ」

事件が起きたのは青森県十和田市。エステ経営の三浦容疑者が、内縁の夫(30)を長さ30センチのパン切り包丁で殺害した疑いで3月30日(2021年)に逮捕された。

夫婦は、2人の間に生まれた0歳の赤ちゃん、「夫」の連れ子の小学生、容疑者の連れ子の小学生2人の計4人のこどもと共に暮らしていた。

事件の5日前には赤ちゃんと容疑者が笑顔で映る動画がSNSに投稿され、2日前には、楽しそうに草むしりをしていた一家の姿が目撃されている。

近所の人は「感じのいい夫婦でしたよ。子どもたちはこの辺で雪遊びして元気に遊んでいました。お父さんはそこで雪かきをしていました」。また、「夫」の友人は「子どもと一緒に、行事とかをSNSに投稿していて、本当に楽しそうでした。まさかこんなことになるとは...」とショックを隠せない様子だ。一方の容疑者は、エステを経営し、家族のために一生けん命頑張っていたという。

谷原章介「お母さんが悪いとは僕は思いません」

おしどり夫婦として知られていた2人だが、取材の中で亀裂も見えてきた。2人は過去2回ほど、酒を飲んでケンカをし、ケガをするなどして警察沙汰になっていたというのだ。今回の事件が起きた日も、夫婦はお酒を飲んでいたことが分かっている。

元埼玉県警捜査一家の佐々木成三氏は事件のポイントに凶器に使われたと見られるパン切り包丁を挙げる。「パン切り包丁を使ったとなると何か衝動的で、その場の感情的な抑制ができずに犯行に至ったということが推測できます」と言うのだ。

容疑者と血のつながっている子ども3人は今、容疑者の母親が面倒を見ているという。「めざまし8」が訪れると、赤ちゃんをおぶった母親の姿が。「私の育て方が悪かった...」と涙ながらに謝っていた。

谷原「4人の子どもたちのケアをまずしていただきたいと思いますし、お母さんは絶対に自分を責めないでください。お母さんが悪いとは僕は思いません」

(ピノコ)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加