【ワイドショー通信簿】ベゾス宇宙旅行に18歳も参加 チケット買った親に加藤浩次「こんなに甘やかして...」(スッキリ)

【ワイドショー通信簿】ベゾス宇宙旅行に18歳も参加 チケット買った親に加藤浩次「こんなに甘やかして...」(スッキリ)

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/07/21

米IT大手アマゾン社の創業者、ジェフ・ベゾス氏(57)が日本時間のきのう20日(2021年7月)夜、自らが設立した宇宙開発企業「ブルーオリジン」の宇宙船に搭乗し、世界初の民間人だけの宇宙旅行に成功した。「およそ4分間、宇宙空間と無重力を体験したということです」と21日の「スッキリ」で岩田絵里奈アナウンサーが伝えた。

No image

最高齢と最年少

宇宙船「ニューシェパード」に搭乗したのは、ベゾス氏と弟のマーク・ベゾス氏(53)のほか、宇宙飛行の歴代最高齢となるウォーリー・ファンクさん(82)と、歴代最年少となるオリバー・デーメンさん(18)。

宇宙船は米テキサス州から離陸し、約3分半後に高度100キロの宇宙空間に到達後、ブースター部分から4人が搭乗するカプセルが切り離された。カプセルはパラシュートを広げてゆっくり下降し、無事着陸した。帰還後、記者会見したジェフ・ベゾス氏は「オーマイゴッド!期待をはるかに超えるものだった」と興奮した様子だった。

ウォーリーさんは1961年に宇宙飛行士育成のプログラムをトップで卒業した元女性宇宙飛行士だったが、現役時代は宇宙へ行く機会には恵まれなかった。今回、ベゾス氏に招待されて宇宙への夢がかない、「とうとう宇宙に行けたわ」と喜んでいた。

父親は投資会社の創業者

オリバーさんは歴代最年少であると同時に、宇宙飛行史上初のチケットを購入した乗客となった。今回の宇宙旅行は1人分のチケットがオークションに出され、約31億円で落札されたのだが、この落札者がスケジュールの都合で辞退したため、2回目の飛行のチケットを落札していたオリバーさんの父親に権利が回ってきた。父親は投資会社の創業者で、パイロットを目指すオリバーさんのためにチケットを購入したのだという。価格は公表されていない。オリバーさんは「地球を上から眺め、周りを移動し、素晴らしかった」と話していた。

エッセイストの犬山紙子「(最高齢や最年少など)話題性を考えているというか、だからこそ商業なんだなと感じました」

MCの加藤浩次が食いついたのは、宇宙旅行よりもオリバーさんの父親の話。「親ばかというか、こんなに甘やかしていいのでしょうか。宇宙に行かなくてもパイロットにはなれますよ」と首をかしげていた。

(キャンディ)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加