鹿沼直生のJ1初ゴールが決勝弾に!磐田がFC東京との熱戦制し連敗ストップ【明治安田J1第13節】

鹿沼直生のJ1初ゴールが決勝弾に!磐田がFC東京との熱戦制し連敗ストップ【明治安田J1第13節】

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/05/14
No image

明治安田生命J1リーグ第13節、ジュビロ磐田vsFC東京が14日にヤマハスタジアムで行われ、2-1でホームの磐田が勝利を収めた。

【動画】ブラジル・コリチーバ時代からキレキレのレアンドロ!

互いに連敗の中で迎える一戦。16位の磐田は前節はセレッソ大阪に1-2で敗れた。降格圏脱出を目指し、先発メンバーを6人変更したなかで、ここ4試合で3ゴールと絶好調のファビアン・ゴンザレスが加入後初スタメンとなった。

対するFC東京は前節、サガン鳥栖に0-1で敗れ、順位も7位までダウン。高萩が今季初先発となった一方で、古巣対決となるアダイウトンはベンチスタートとなった。

序盤から両チームともサイド攻撃を中心にアグレッシブな展開を見せるなかで、ファーストシュートを放ったのはホームの磐田。10分、上原が相手DFからボールを奪取し、ボックス右手前からグラウンダーで折り返すと、走り込んできた遠藤がバイタルエリアから右足をダイレクトで振り抜く。しかし、これは枠の上に外れた。

28分にはアウェイのFC東京にチャンス。カウンターの流れからディエゴ・オリヴェイラが自陣からボックス右まで進入して中央へ折り返すが、わずかにゴール前の高萩には合わない。

中盤での迫力あるデュエルが頻繁に行われた半面、シュートシーンが少なかった前半。しかし、43分にスコアが動く。磐田が自陣からパスを繋ぎながら相手陣内に攻め入り、右サイドの浅い位置でボールを受けた鈴木がダイレクトでグラウンダーのクロスを供給。ボックス右に走り込んできた上原が右足ダイレクトで合わせると、これがゴール右に決まり、先制点を挙げた。

前半はカウンターからチャンスを何度も創出するが、ラストパスの精度が足りなかった印象のアウェイチーム。同点ゴールを狙い、後半から高萩に代えて松木を投入した。

57分にそのFC東京が決定機を迎える。敵陣中央でのパス交換から、ディエゴ・オリヴェイラのスルーパスでゴール前に抜け出したのは安部。GKとの1対1の局面で右足のシュートを放つも、三浦のビッグセーブに遭い、同点とはならなかった。

追加点を狙うホームチームは60分、上原のスルーパスにファビアン・ゴンザレスが抜け出し、ゴール前まで一気に持ち上がる。ゴール前では相手GKをフェイントでかわし、右足を振り抜いたが、がら空きのゴールを狙ったシュートは精度を欠いてゴール右に外れる。

なんとしても追いつきたいFC東京は、76分に青木に代えてアダイウトンを投入。この試合が古巣戦となるブラジル人アタッカーを起用して攻撃陣の活性化を図ると、この策が功を奏す。

79分に紺野がボックス手前でドリブルを仕掛け、左サイドにパスを供給。ボックス手前右でボールを受けたアダイウトンが右足でシュートを放つと、素晴らしい軌道を描いてゴール右に吸い込まれ、見事な恩返し弾で同点に追いついた。

終盤で試合を振り出しに戻された磐田だったが、ホームで勝利への執念を見せる。87分、敵陣右サイド深い位置から鈴木がクロスを上げ、ボックス内にボールこぼれると、拾った大森が倒れながら後方にラストパス。反応した鹿沼がボックス左からダイレクトで右足のシュートを放ち、ゴール右に突き刺した。

鹿沼のJ1初ゴールによって、土壇場で勝ち越した磐田はその後もうまく時間を使いながら試合を進め、2-1のままタイムアップ。連敗をストップさせるとともに、暫定14位まで順位を上げ、降格圏脱出となった。

ジュビロ磐田 2-1 FC東京

【磐田】

上原力也(前43)

鹿沼直生(後43)

【FC東京】

アダイウトン(後34)

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加