DeNA天敵大野雄大から2年ぶり得点 神里が満弾

DeNA天敵大野雄大から2年ぶり得点 神里が満弾

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/06
No image

中日対DeNA 6回表DeNA2死満塁、右越え満塁本塁打を放つ神里(撮影・森本幸一)

<中日3-7DeNA>◇6日◇バンテリンドーム

DeNAが昨季25イニング無得点の天敵、大野雄から2年ぶりに得点を奪った。

3回1死二塁、1番に復帰した桑原が右翼線に運ぶ適時打。沢村賞左腕から、19年9月8日のソトの2ラン以来の得点を挙げた。6回には神里が2試合連発でプロ初の満塁本塁打。「チャンスだったので積極的にいきました。(先発の)大貫が頑張っていたので1点でも多く援護したいと思っていました。最高の結果となってよかった」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加