子どもが不登校になったら。親のあなたが忘れてはいけない“大切な選択肢”

子どもが不登校になったら。親のあなたが忘れてはいけない“大切な選択肢”

  • saita
  • 更新日:2022/01/15

こんにちは。 ママのためのオンラインサロン&スクールを運営している心理カウンセラーのrikaです。 子どもが不登校になった時、塾・転校・フリースクールなど、いろいろな選択肢を考えます。今回は、つい忘れてしまいがちな「もうひとつの大切な選択肢」について書いてみました。

子どもの不登校

No image

出典:stock.adobe.com

うちの息子が不登校になった時、私が一番最初に思ったのは、
学校に行かないなんてあり得ない!
でした。

行きたくないなんてみんなきっとそうだろうし、それでも頑張って無理にでも行くのが学校!

そう思っていたので、私自身、子どもが不登校になって最初のころは、本格的に不登校になってしまう前に学校になんとしても行かせようと必死になり、登校させることにとても執着してしまいました。

実際、そんなママは多いですし、それでも子どもは行かないのでママの苦悩は続くのです。

そして、不登校についての本やブログなどを読む中で、無理に学校に行かせようとしてはいけない。休ませなければならない。

いう情報を日々目にし、自室にひきこもっている子どもを目の当たりにして、今は学校に行かせることにこだわってはいけないんだ、登校させることに執着してはいけないんだ、と思うようになります。

そして、それなら学校に代わる何か別のことはないか?と、親は勝手に子どもができることを模索し始めます。

学校に行かないなら……

No image

出典:stock.adobe.com

どんな働きかけをしても学校に行かないという子どもの現実。
登校させることに執着してはいけないという情報。

これで、ママもどんどん不登校を受け入れていきます。
学校に行かないのは仕方ないと思えるようになります。

そして、次は、

なにかスポーツをしてみたら?
ウォーキングでもしてみたら?
勉強が心配だから塾はどう?
家庭教師にきてもらう?
何か習い事をしたら?
フリースクールを見学に行ったら?
転校したら行けるかも?

など、子どもにいろんなことを提案しがちです。

「何かはしている」という安心感

No image

出典:stock.adobe.com

何かさせないといけない!何かはしてほしい!

この思いは、
学校に行かないなら仕方ない。
それならせめて、その代わりになることを!
と、何かをさせることに執着しているということ。これは、学校から矛先がかわっているだけ。

学校に行かないでボンヤリ家で休ませてるわけにはいかないから、せめて何か納得できることをしてほしい!
という思いがあります。

でも、子どもが、
学校に行きたくない。
何もしたくない。
と思っている時は、たいていの場合、どれをやってみてもうまくはいきません。

心の元気がなくなり、パワーがなくなり、エネルギーが落ちていると、本当に何もやる気になりません。意欲も前向きな気持ちも全てなくなるからです。

「何もしない」という選択肢

No image

出典:stock.adobe.com

子どもが不登校になった。

そんな時に必要なのは、学校に代わる何かを探してあげることではありません。何より大切なのは、ゆっくり充電して元気と自信を思い出す『時間』です。

「何もしない」という時間です。

学校に行かないのは親にはとても不安で心配です。明日のことも、1ヶ月先のことも、進路選択のことも、いろいろ想像するだけでも悩みは尽きません。ですが、子どもはしっかり休めばまた必ず歩き出します。

そうなると、

好きなスポーツをしたい!
近所をウォーキングしてくる!
YouTubeで大手塾の無料の動画授業があるみたいだからそれを見てみる!
この分野のことをもっと勉強したいから参考書を買いに行きたい!
学校に行く!

など、自らママにサポートを求めてくるようになります。

うちもそうでしたし、私はオンラインサロンを運営していますが、多くの子どもは自ら動き出し、ママがすることといえばそのためのサポートのみです。

子どもが自分で自分のために動き出すためには、まず心が前向きに元気になる必要があります。
そんな時にしっかり必要なサポートができるように、ママも子どもも、家庭でゆっくり過ごして心を元気にしてください。

そのためにも、「何もしない」というのも、大切な選択肢のひとつに加えてください。

rika/ハッピーママサロン「rika’s cafe」主宰

rika

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加