【1月15日の花】チューリップ 2色咲きの品種で春気分を先取り!

【1月15日の花】チューリップ 2色咲きの品種で春気分を先取り!

  • CREA WEB
  • 更新日:2022/01/15

フラワーデザイナーの佐藤俊輔さんが一日一花、暮らしが華やぎ、活力をもらえるおすすめの花をナビゲート。今日は、花を飾ってみませんか?

No image

1月15日の花はチューリップ「ハッピージェネレーション」

世界一の切り花大国のオランダが毎年1月の第三土曜日を「ナショナル・チューリップ・デー」に定めており、オランダでは、アムステルダムの広場がチューリップで埋め尽くされ、チューリップ摘みができるイベントが開催されます。

1月はまだまだ寒いですが、オランダのチューリップの日にあやかって、チューリップを飾って春の雰囲気を楽しみましょう。

最近では八重咲きのものや花びらがカールしているものなど、沢山の品種が登場し一見するとチューリップとわからないものもあります。

「ハッピージェネレーション」は昔ながらの一重咲きのチューリップで、切り花では逆にこの素朴な一重咲きのチューリップを見ることが少なくなりました。

咲き方は素朴ですが、色は白い花びらに赤いラインが入る2色咲きでとても華やか。

チューリップは、しなやかなラインが美しいので、茎や葉が見えるようにガラス製の花器に生けましょう。

【チューリップの花言葉】理想の恋人、愛の告白、前進、永遠の愛情、正直
【チューリップが誕生花の人】1月21日、3月14日、3月20日、3月22日、4月10日生まれ

No image

佐藤俊輔(さとう しゅんすけ)

フラワーデザイナー。大手百貨店退社後、花の世界へ。2014年モナコ国際親善作品展国内選考会で特別賞を受賞。'17年「女性自身」(光文社)、’19年日本最大級の花材通販「はなどんやアソシエ」にて季節のアレンジメントを連載。’20年から、CREA WEBにて「Playful Flower Life!」連載中。

文=佐藤俊輔
イラスト=佐藤弘昌

佐藤 俊輔

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加