エヴァートン監督アンチェロッティ、イスコへの関心を否定「ナンセンス」

エヴァートン監督アンチェロッティ、イスコへの関心を否定「ナンセンス」

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/11/20
No image

アンチェロッティがイスコ獲得を否定

カルロ・アンチェロッティがイスコとの契約に関心を示しているとの疑惑に応え、獲得は検討していないと明らかにしている。

『Directv Sports Colombia』のジャーナリスト、ルイス・フェルナンド・レストレポ氏とのインタビューの中で、イタリア人監督はマラガ出身のプレイメーカーとトフェーズを結ぶ噂を黙らせるよう気を配った。

「イスコをフォローしているというのは事実ではない。1月の市場に向けてチームのことを考え始めたわけではない。多くのメディアが言うようなことはナンセンスだ」と語り、アンチェロッティは憶測を排除した。

最近ではエヴァートンがイスコ獲得のためにレアル・マドリーに1800万ユーロ(約22億円)のオファーを提示したと言われていた。

イスコとトフィーズを結びつける報道は、エヴァートンのハメス・ロドリゲスの復調が要因かもしれない。コロンビア人MFは、マドリードではマラガ出身の選手と同じような状況にあったが、リヴァプールでキャリアを再スタートさせるのに最適なクラブを見つけた。

「選手の質についての議論はない。彼ら(イスコとハメス)のチームの方が競争が激しく、試合に出られないこともある。ハメスは苦労していたと思うが、私の考えでは、プレーすればそれなりのフィジカルレベルを持つことができるし、レアル・マドリーではあまりプレーしていなかった。成功しているチームを変えることは、通常よりずっと複雑なことだ」と、アンチェロッティはチームの最高の選手の一人であるハメス・ロドリゲスについても語っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加