広島・松山が守備で負傷交代 トレーナー“バツ印”出し

広島・松山が守備で負傷交代 トレーナー“バツ印”出し

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/10
No image

5回ヤクルト1死一、二塁、山崎の打球を追い、足を痛めた広島・松山(左)=神宮球場(撮影・西岡正)

「ヤクルト11-7広島」(8日、神宮)

広島の松山竜平外野手が負傷交代した。2点を失って迎えた五回1死三塁だ。山崎が放った左翼への打球に、数歩前へ出て捕球体勢に入る。だが、目測を誤り、下がりながらジャンプ。頭上を抜かれ、適時二塁打とした。さらに着地の瞬間に足を痛めたのか、顔をしかめて膝に手を突いた。すぐさま三塁側ベンチからトレーナーが出て状況を確認。その後両手で×印を出した。

交代後、ベンチ裏ではアイシング治療を受けたもよう。試合後、蔦木トレーナーは「下半身のコンディショニング不良です。明日以降は状態を見て判断します」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加