“岩出山の星”ヤクルト今野龍太 ポストシーズン初登板で追加点許さず

“岩出山の星”ヤクルト今野龍太 ポストシーズン初登板で追加点許さず

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

ヤクルト対オリックス 7回表オリックス1死一塁、ヤクルト4番手で登板する今野(撮影・河田真司)

<日本シリーズ:ヤクルト-オリックス>◇第5戦◇25日◇東京ドーム

ヤクルト今野龍太投手(26)が、ポストシーズン初登板した。

2-4で迎えた7回1死一塁から4番手としてマウンドへ上がった。福田を2球で追い込むと、三ゴロ。続く宗に中前打を許し、2死一、二塁としたが、続く吉田正をカウント2-2から8球目の内角137キロカットボールで捕邪飛に打ち取った。

宮城県の北部に位置する大崎市の出身。“岩出山の星”が、大舞台でも全力で腕を振り、追加点を許さなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加