西武育成ドラ1、東北公益文科大・赤上が合意「一から学んでしっかりと身体を作りたい」

西武育成ドラ1、東北公益文科大・赤上が合意「一から学んでしっかりと身体を作りたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

今ドラフトで西武育成1位で指名された赤上優人投手(21=東北公益文科大)が22日、入団交渉に臨み入団を内諾した。

No image

入団に合意し記念撮影する西武育成ドラフト1位の赤上(左)と水沢スカウト(球団提供)

▼赤上 (サインするときに)緊張して手が震えました。プロ野球選手になるんだという実感が改めて湧いてきて、やる気に満ちあふれています。レベルが高いチームの中でやっていけるのか不安もありますが、この不安な気持ちを悪いことだとは思っていません。この気持ちを糧に危機感を持ってやっていきたいです。今はまだ1年間戦える身体が出来ていないので、まずは新人合同自主トレに向けて、食事面やトレーニングを一から学んでしっかりと身体を作りたいです。元野手ということもあり、自分のセールスポイントはフィールディングです。何事も第一印象が大事だと思うので、最初からアピールして1日でも早く支配下選手を勝ち取りたいです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加