『スパイダーマン』美人高校生ベティ、デイリー・ビューグルでインターン開始 公式TikTokも開設

『スパイダーマン』美人高校生ベティ、デイリー・ビューグルでインターン開始 公式TikTokも開設

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/11/25
No image

デイリー・ビューグルでインターンを始めたベティ(一番左) - 画像は前作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』より - Columbia Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

トム・ホランド主演の『スパイダーマン』シリーズに登場する美人高校生のベティ(アンガーリー・ライス)が、同作の世界に存在するWebメディア「デイリー・ビューグル」でインターンを始めたことが、現地時間24日に開設された同社の公式TikTokで明らかになった。

主人公ピーター・パーカー(トム)と同じミッドタウン高校に通うベティは、校内放送の司会を務めていた女の子。シリーズ2作目『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』では、ピーターの親友ネッド(ジェイコブ・バタロン)とイイ感じになっていたことも記憶に新しい。

サム・ライミ監督版にも登場したJ・ジョナ・ジェイムソン(J・K・シモンズ)が編集長を務めるデイリー・ビューグルは、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のラストで、スパイダーマンの正体がピーターであることをすっぱ抜いたメディア。TikTokアカウントを管理する業務を任されたベティは、最初の投稿で「光栄ですし夢みたい! 初めての仕事を貰えたんだもの」と喜んでいるが、実はこのインターンは無給で……。他の動画では、スパイダーマンに関するうわさや陰謀論の募集を呼びかけている。

ベティやジェイムソンも登場するシリーズ第3弾『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2022年1月7日全国公開)は、ピーターの立場がガラリと変わった前作『ファー・フロム・ホーム』の続きを描く。ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)が唱えた呪文の影響でマルチバース(いくつもの並行世界)が出現し、グリーン・ゴブリン、ドック・オク、エレクトロ、サンドマン、リザードといった歴代ヴィランが集結する。(編集部・倉本拓弥)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加