【6月10日のおかえりモネ】第19話 盆船を奉納する永浦家 耕治は三生に言葉をかける

【6月10日のおかえりモネ】第19話 盆船を奉納する永浦家 耕治は三生に言葉をかける

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/09
No image

盆船奉納の準備をする百音(清原果耶・右)と妹の未知(蒔田彩珠)

清原果耶が主演のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月曜~土曜8時・土曜は一週間振り返り放送)。6月10日は第19話が放送される。三生に耕治が語りかけた言葉とは…。

盆船奉納の準備をする永浦家。百音(清原果耶)たちが浜へ向かうと、幼なじみの明日美(恒松祐里)や悠人(高田彪我)もやってくるが、亮(永瀬廉)の姿はなかった。盆船を奉納しながら、百音の祖父・龍己(藤竜也)は妻の雅代(竹下景子)のことを懐かしむ。三生(前田航基)は将来について父・秀水(千葉哲也)と話せずにいたが、盆船奉納での秀水の読経を聞き、もう一度自分の進む道を考える。そしてそんな三生に、百音の父・耕治(内野聖陽)は、言葉をかける。

「天気予報は未来を予測できる世界」「自分も未来を知ることができたら」。宮城県気仙沼湾沖の自然豊かな島で暮らしていたヒロインの百音は、移り住んだ登米で気象予報士の仕事と出会い、やがて上京し成長していく。「透明なゆりかご」の安達奈緒子によるオリジナル脚本で“希望ある未来をひらいてゆく”物語。主題歌はBUMP OF CHICKENの「なないろ」。魂のこもった心地よい曲で毎朝の元気と幸せを届ける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加