【ユニクロ】大人気「+J」“セルビッジ ストレートジーンズ”レビュー!履き心地や洗い方の注意点

【ユニクロ】大人気「+J」“セルビッジ ストレートジーンズ”レビュー!履き心地や洗い方の注意点

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2021/05/04
No image

【写真】【着用イメージあり】細かいデザインや生地感をチェック!「セルビッジ ストレートジーンズ」

2021年3月に「UNIQLO+J(ユニクロ プラスジェイ)」の第二弾コレクションが発売されました。

今回は、そのアイテムのひとつ「セルビッジ ストレートジーンズ」をご紹介。

生地感やシルエット、セルビッジデニムの洗い方まで徹底的にレビューします。

【写真】【着用イメージあり】どれほしい?「ワークマン・ユニクロ・無印良品」UVカットアイテム

「UNIQLO+J」って何?ユニクロとの違いは?

「UNIQLO+J」が話題ですが、普通のユニクロと何が違うのでしょうか。

「UNIQLO+J」は、自身のコレクションも発表しているデザイナー、ジル・サンダー氏がデザインしているシリーズです。

ミニマムで機能性を追求したシンプルなデザインは、UNIQLOの客層や時代の流れにしっかり当てはまっています。

2020年11月に第1弾の秋冬コレクションが発売されました。

それに続いて2021年3月に第2弾の春夏コレクションが発売となり、発売日当日は都内のいたるところで発売待ちの行列が見られました。

注目されている理由

「ジル サンダー」は高級ブランドのため、なかなか購入できないお値段になっています。

しかし「UNIQLO+J」では普段のユニクロ商品と同じくらいの価格で、ジル・サンダー氏がデザインしたアイテムを購入することができます。

手が届く値段でジル・サンダー氏がデザインしたものが販売される機会がほとんど無いことと、在庫がなくなり次第終了のアイテムばかりということが、世間の注目に繋がっています。

「セルビッジ ストレートジーンズ」を徹底レビュー!

3月に発売された「セルビッジ ストレートジーンズ」のホワイトを紹介します。

「セルビッジデニム」の特徴と注意点

「セルビッジデニム」とは、旧式力織機を使って編まれたデニムのことを指します。

職人によって緩やかに編まれたデニムは、ゆとりのある編み目でムラができやすく、立体感のある仕上がりになります。

「セルビッジデニム」をはじめ、デニム類をすぐに洗濯してしまうのはNGです。

長く履いて風合いを楽しんでいくと、生地が柔らかくなってきて足に馴染んできます。洗濯をしてしまうと、またごわついた硬いデニムに戻ってしまう場合があるため、洗い方には注意しましょう。

長く履いていくと全体が濃紺のデニムでも、ヴィンテージ感のあるウォッシュ加工が施されたようなブルーのデニムに変化していきます。

どんなデニムになるかはその人次第なので、長く履けば履くほどどんどん愛着が湧いてくるアイテムになりますよ。

独特の生地感が人気!

デニムと言えば、動きにくいイメージや肌触りがゴワゴワしているというイメージがありますが、セルビッジデニムは伸縮性と肌触りのよさがポイントです。

実際に履いてみると普通のデニムとの違いが分かりやすく、履き心地の良さと動きやすさが段違いです。

これはストレッチ素材と本格的な経年劣化をどちらも諦めたくないというUNIQLOが長年研究した成果です。

見た目だけではなく、履く人の生活に寄り添ったデニムは1本は持っておきたいアイテムとしてデニム好きの間で噂になっています。

「+J」だからこその綺麗なシルエット

こちらのデニムは、生地だけではなくジル・サンダーのデザインもポイントです。

少し細めの作りになっていて、筆者はウエストに合わせたサイズで履くと太ももが強調されてしまったため、ワンサイズ上げたものを購入しました。

太ももが細めの方はウエストに合わせても問題ないですが、太ももが気になる方はワンサイズ上げて購入するのがおすすめです。

シルエットはスキニーほどぴったりではないですがテーパード風になっていて、すっきり足長に見えるデザイン。裾は長めなので、低身長の筆者は店頭にて無料でお直しをお願いしました。

オンラインストアでも裾上げサービスは行っており、もし裾上げを注文時に忘れても「お買上げ明細書」があれば、オンラインストアの商品を店頭でもお直ししてくれるそうです!

ストレッチが効いたデニムは動いたシルエットがとてもきれいに見えました。

歩いたり足を曲げたりする動作も楽々できて、ストレッチが効いていることを実感できました。

しかしひとつ注意点をあげるなら、ホワイトは下着が透けやすいという点です。下着の色や形によっては透けてしまうことがあるので注意が必要です。

【写真】【着用イメージあり】「ユニクロ」「GU」ストレートパンツ フォトギャラリー

「セルビッジデニム」の洗い方

「セルビッジデニム」は特殊な加工が施されており、色落ちや縮みが少ないデニムになります。

ですが、全く縮まないわけではないので、おすすめの洗い方をご紹介します。

硬さとゴワつきを抑える「のり落とし」に必要なもの

デニムは製造過程で「糊(のり)付け」というものがあり、それがデニムのゴワつきや硬さの原因となります。糊は購入してすぐ落としても、あえて落とさずに履き始めてもいいものになります。

また初めてののり落としをファーストフードウォッシュと言います。

洗うことで少し縮むので、ファーストウォッシュは購入後すぐに行うのが一般的です。

必要なものはこの2つになります。

・お湯をためる、色移りしてもいい容器(デニムが入る大きさ)
・おしゃれ着用洗剤かデニム用洗剤

デニムの色落ちを防ぐ「色止め」に必要なもの

デニムを洗うとどうしても色落ちしてしまいます。

色落ちを防ぎたい場合は、以下のものをのり落としの途中で投入しましょう。

・クエン酸 大さじ1~2杯
・塩 大さじ1~2杯

「のり落とし」と「色止め」の手順

1.デニムを裏返す。ボタンやジッパーをすべて閉める。
2.40~50℃のお湯にデニムを浸す。
3.色止めもする場合は、ここでクエン酸と塩を大さじ1、2杯ずつ投入する。
4.生地を押して空気を抜いていく。空気がブクブク出てこなくなるまで繰り返す。
5.1時間放置する。表面が浮いて空気に触れる場合は重しを入れる。
6.お湯から取り出し、単独で洗濯機で洗う。おしゃれ着用洗剤やデニム用洗剤、クエン酸大さじ1杯は洗濯機で洗う際に投入する。
7.乾くと固くなってしまうので、濡れているうちに完成の形に整えておく。腰回りやポケット、裾もしっかり伸ばす。
8.乾いたら完成。

「UNIQLO +J」のセルビッジ ストレートジーンズ。

気になった方はぜひお近くのユニクロをチェックしてみてくださいね。

※数に限りがございます。商品入れ替えや売り切れの場合はご容赦願います。
※デザイン・価格・種類数は変更となる場合がございます。

【写真】【着用イメージあり】細かいデザインや生地感をチェック!「セルビッジ ストレートジーンズ」

(ハピママ*)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加