なにわ男子・高橋恭平「僕がブレザー着たら最強」 “イケメン”っぷりに会場うっとり

なにわ男子・高橋恭平「僕がブレザー着たら最強」 “イケメン”っぷりに会場うっとり

  • ENCOUNT
  • 更新日:2023/01/25
No image

完成披露試写会に出席したなにわ男子の高橋恭平【写真:ENCOUNT編集部】

「不意に胸キュンさせちゃった」を意識して演技

なにわ男子の高橋恭平が25日、都内で行われた映画『なのに、千輝くんが甘すぎる。』(3月3日公開)の完成披露試写会に出席した。映画単独初主演を務める思いや本作について甘く語り、会場に詰めかけた女性ファンを魅了した。

本作は、亜南くじらによる人気同名漫画が原作の青春ラブストーリー。人生初の告白に見事に玉砕した高校2年生の失恋女子・如月真綾(きさらぎ・まあや、畑芽育)。親友の小原知花(莉子)に慰められるも、落ち込んでいるところを陸上部のエースで学校一のイケメン男子・千輝彗(ちぎら・すい、高橋)に見られてしまう。モテモテなのに周囲には塩対応な千輝は、なぜか真綾に秘密の“片想いごっこ”を提案する……というストーリーが展開される。

高橋は、会場に敷かれたピンクカーペットやハートいっぱいの会場を目のあたりにすると、主人公の千輝になりきって「ピンクがめちゃくちゃかわいい。僕にピッタリだなと思います」と甘い笑顔に。

本作について「一見見た目はクールに見られがちなところとかは、僕もそういうところが共感したり、『一緒だな』と思うところがある」と言い、「演じるところでは、千輝が胸キュンをいろんなところでポンポン入れるキャラ。胸キュンさせる、という感覚より、不意に胸キュンさせちゃったな、みたいな。そういう感じを意識してがんばっていました」と解説。

自身の学生服姿について「僕がブレザーの制服を着ていることで、最強と最強ですよね。そこがもう甘い」と自画自賛。それを聞いてMCが「名言ありましたね! 『僕がブレザー着たら最強オブ最強』」と強調。高橋は「はい、そうです。恥ずかしい~!」と照れ笑いを浮かべていた。

イベントには板垣李光人(いたがき・りひと)、曽田陵介(そた・りょうすけ)、中島瑠菜(なかじま・るな)、鈴木美羽(すずき・みう)、新城毅彦(しんじょう・たけひこ)監督も出席した。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加